陰キャ同士のラブストーリー

気まぐれ人

二日目終幕

「あっ」                
という間に昼休み。昼食の時間です。    
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<影持視点>             
陽「影持君一緒に食べよう」        
影「いいですよ陽助君」          
影の心(変じゃないよね?)       
俺はクラスを見回して安堵した。みんなそこまで気にした様子ではなかったからだ。一人を除いては・・・
陽「隣の片井さんめっちゃ見てるね」   
影「そうだな・・・」          
赤「もちっち一緒に食べていい?」     
影&陽「「どうぞどうぞ」」    
陽「あっ。紫音が来た」        
影「誰?」              
陽「俺の席の隣の奴」         
影「へぇー」             
陽「おかげで目線が逸れた」       
影「やったな」           
赤「それよりさー私、前回一回も出てないんだけど」               
影「なんの話?」            
赤「別にー」            
紫「私達も一緒に食べていい?」    
赤と影と陽「「「どうぞどうぞ」」」  
紫「ありがとう。よかったね片井」     
片(コクコク)          
結果的に五人で食べることになった席は、
誕生日席が赤羽で、その前で影持と陽介が向かい合って、影持の隣が片井、陽介の隣が紫音となった。             
片「やった。影持君の隣だ」(ボソッ)
影の心(聞こえてたけど聞こえなかったことにしよう)              
その後は何事もなく昼食が終わり、午後の授業をこなして二日目が終わった。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<片井視点>             
陽「影持君一緒に食べよう」      
片の心(今日影持君と友達になった人が『一緒に食べよう』だって!許せんマジ)      
影「いいですよ陽介君」        
片の心(容認しちゃったよ。影持君と陽介君はもう真の友達なんですか!)     
私が見ていると二人はヒソヒソ話を話し始めました。               
片の心(何を話しているんでしょう?まさか私の悪口?!)            
赤「もちっち一緒に食べていい?」   
影と陽「「どうぞどうぞ」」      
片の心(赤羽さんも容認しちゃたよ!) 
紫「片井ーあのグループ気になる?」  
片「はい!って紫音さん?!」     
紫「それじゃ一緒に食べれるか交渉してくる」                  
紫「私達も一緒に食べていい?」    
赤と影と陽「「「どうぞどうぞ」」」
片の心(え!いいの!)           
そうして私達は影持君と一緒に昼食を食べられました。そうして二日目が終わりました
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
書き方変えました!!

「陰キャ同士のラブストーリー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く