陰キャ同士のラブストーリー

気まぐれ人

昼食

「生徒会長の片桐園子だ。みんなの入学を祝福する。」             
「なんで・・・」            
 だってアイツは頭がまぁなんていうかお花畑なんだ。そんなアイツの姉がこの進学校で生徒会長だなんて・・・。俺の頭のなかはその事ばかり浮かんできて後の入学式はポカーンとしており、話が右耳から入って頭のなかをバウンドして右耳から出ていく、(その時の俺おかしすぎだろ )そのまま入学式が終わり、後は帰ってもいいし、学食で昼食を食べてもいいし、学校のどこかで弁当を食べて帰ってもよしという時間になった。俺は冷静になる時間が欲しかったから、屋上のリア充(赤羽もいた)がいるところに行かず。その屋上の給水塔の裏で弁当を食べることにした。        
「本当驚きだったなぁー。まさかアイツの姉が生徒会長だなんて。」          
 そんな独り言を言いながら、弁当を開ける。するとそこにはなんとも普通の弁当(米とタコさんウインナー、卵焼き、唐揚げ)があった。                   
「我が妹よ。普通過ぎる 」        
さっきまで考えてたことはどこにいったのか、ツッコミをいれていた。        
「あの、隣いいですか?」         
「いいですよって・・片井さん 」     
「ありがとうございます」         
「俺の驚きがスルーされた」       
「お弁当美味しそうですね」       
「シンプルだけどね」          
「シンプルイズベストです」       
 そんなささいな会話から俺と彼女とのランチが始まった。             
                      
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 
 読みにくくてすみません。

「陰キャ同士のラブストーリー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

  • ゆき

    くぅ~。
    生徒会長さんは誰のお姉さんなのでしょうか?
    気になりますね。

    0
コメントを書く