陰キャ同士のラブストーリー

気まぐれ人

陰キャ同士のラブストーリー

  「私と付き合ってください」                        
 
 俺は今、告白を受けている。誰に?彼女にだ。同じクラスの片井 恵(かたい めぐむ)さん俺と同じように目にかかるほど長い前髪、パッとしない表情(今は顔を赤らめているが)そんな彼女からなぜ告白を受けているいるのかよくわからないが心当たりはあるっちゃある。それは、高校1年生になった初日~の出来事…        

 俺は、影持 守(かげもち まもる)。名前に影が入っているからわかるに陰キャです。はい。長い前髪。パッとしない表情。そんな俺はこの度進学校に進学した。理由はとりあえず知っている人がいないところに行きたかったからだけど…
  「おはよーもちっち」
 と、俺を変な呼び方で呼んでいるのは、幼なじみの赤羽 翔子(あかばね しょうこ)勉強も運動も俺よりできる位で明るくて友達もたくさんいる。
 「変な呼び方で呼ぶなよ」
 「別にいいじゃん。幼なじみなんだから」
 「そうだけど…」
 「そんなんだからモテないんだよ。顔はイケメンなのに(ボソッ)」
 「なんか言った?」
 「別に」
 (ゴンッ)
 俺は赤羽と口論してたせいで俺は人にあたってしまったらしい。陰キャの俺ができることはただ一つ
 「ごめんなさい」
 「ごめんなさい」
 うん?こんなに早く謝ってくるなんてまさか…。俺は顔をあげるとそこには俺と似たような人がいた。それが片井 恵との出会いだった。
 

 初めての投稿ですので至らない点がございましたらコメントしてください。できるだけ改善するように善処します。

「陰キャ同士のラブストーリー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

  • ゆき

    よかったです。
    上から目線ですが‥‥全てが王道でこれからの展開が想像できるぐらいですが、
    こう言うい恋愛ものは大好きです。
    投稿を続けるのであれば楽しみにしてます!

    0
コメントを書く