話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ボクの楽しい人間生活!

黒川 魁

第1話

(ん?)

ある日、ボクは眩しくて目が覚めた。
(ここはどこだろう、すごく明るい。)
まるで太陽がすごく近くにあるみたいだ。
眩しくてなのか、周りがよく見えない。

「おぉ、起きたぞ!おーい!分かるか?父さんだぞ。」

誰かが耳の近くで騒いでいる。
父さん?ボクの、父さんなのかな?
てことは、人間になれた…ってことなの?
「うあー、うぅ、やぁー。」

嬉しくて喉を震わせたらボクの口から音と空気が漏れていくのを感じた。
これが『しゃべる』ってことなんだ!

「!!反応してくれたっ。俺が父さんだって分かるんだな!?ははっ、俺の娘は優秀だ!」

うおーー!と叫びながら父さんらしき人影が見えなくなっていった。

ボクは、手を動かしたりバタバタと足を動かしたりしながら動けるということを実感しては、ぬいぐるみだったときに出来なかった事をしてみたいと思った。

と、遠くから走って誰かがやって来る足音が聞こえてきて、

「まぁ!私の可愛い赤ちゃんっ。目が覚めたのね。」

女の人の声が聞こえた。きっと母さんだ。
ボクの母さんかあ。どんな人だろ?
張りがあって優しさの含まれた、女の人にしては少しばかり低い声。
そこまで若くはないということだろうか。
どんな人でもいい。ただ、父さんと仲良く話している声からして、仲の良い夫婦なんだろうと言うことはよく伝わってくる。

ああ、ぼやけたこの視界がもどかしい。
早く見えるようになれ。

「あうー、だー!」


「ボクの楽しい人間生活!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く