ネームイーター

河内三比呂

終わり

 その後、応援に駆け付けた刑事たちにより、『シルバーな俺達』のメンバーは無事保護され事情聴取の後活動休止を発表した。
 朝倉刑事により捕縛された堀内はそのまま日野警察署に連行され、一件の殺人未遂及び監禁の容疑で即日逮捕。追って二件の殺人容疑で取り調べを受けている。

 事のあらましはこうだ。
 まず、雲川響也が中々陽の目を浴びないボーカロイド・音芽ヒビキへの歪んだ価値観から過去に創作した「ネームイーター」を元に14件の不審者事件を起こす。
 しかし、思うような評価がされないことからバットを手に三流記者・堀内洋児を襲うも逆に殺害されてしまう。
 そして、その死を知った山田愛芽が枇々木直紀に連絡した際、彼から堀内のことを聞き訪ねた結果殺害されてしまった。
 なお、枇々木直紀が雲川が堀内に殺されたことをいつ知り、なぜ吉澤進を助け、そして・・なぜ朝倉にメールをいれ『シルバーな俺達』の危機を知らせたのかは不明だ。
 その枇々木直紀は現在も行方知れずとなっており、またボーカロイド・音芽ヒビキについては販売停止処分となったのだが、ネット上で現在も経路不明のまま普及され続けている。

(結局・・意味わかんないヤツだったなー。ていうか不気味?本当意味わかんないっていうか・・評価されたいって気持ちは分からなくもないけど・・いやでもさすがにアレはわかんねーつっの!)
 内心イライラしながら、荷物が入ったダンボールで扉を開け挨拶をする。
「本日付けで生活安全課より転属となりました、朝倉康平巡査部長であります!!よろしくお願いします!!捜査一課の先輩方!!!」
(ま、超エースな僕がいつかお前を捕らえて見せるさ・・枇々木直紀もとい《ネームイーター》くん?)

 ―こうしてそれぞれの目立ちたがり屋達の物語は終わりを告げた。―


「ネームイーター」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「推理」の人気作品

コメント

コメントを書く