ネームイーター

河内三比呂

サイド 堀内洋児 3

 AM10:45 日野市内〇×公園付近。

(予想以上に野次馬と・・他社が多いな。)
 ニュース速報を見てからすぐに直行したのだが、予想以上の状況に堀内はため息をついた。
 改めて自身が三流なのだと言われているようで悔しさが募る。
(せめて・・現場写真・・いや何か《ネームイーター》に関連したものを・・)
 一旦人垣から離れ、公園周りを見る。
 付近には、警戒態勢のため警官が至る所におり、容易に入り込めそうにない。
(どうする?状況が状況だ。急がなければ・・ん?)
 ふと目をやった先に、見知った顔がいるのに気づく。
 一瞬思考し、そして迷いなく近づいていく。
「やぁ、大丈夫かい?顔色が悪いよ?」
 そう声をかけると、彼らは一層表情を曇らせる。
「まぁ、私でよければ話をきくよ?『シルバーな俺達』の諸君。」

「ネームイーター」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「推理」の人気作品

コメント

コメントを書く