ネームイーター

河内三比呂

はじまり

曇りの深夜二時、
人気のない場所で白コートの男に出会ったら逃げたほうが賢明だ。
逃げられそうにない場合や半信半疑の場合は、舌を確認すればいい。
ソイツの舌に「N」の文字があったなら、間違いなくヤツだ。
ヤツに名前を知られてはいけない。
どんなに聞かれてもスキを見せてはいけない。
知られたら最後、名前を”喰われ”灰になってしまうからだ。
人間ではない怪物。
名前を”喰らう”怖ろしい化け物。

―《ネームイーター》なのだから―

「ネームイーター」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「推理」の人気作品

コメント

コメントを書く