話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

セラルフィの七日間戦争

炭酸吸い

001








「ここは?」
 目を開けると、まず視界に飛び込んできたのは規則的に並べられた、不規則な木目であった。
 セラルフィはそれが天井だと悟る。規則的な配置の板、自然豊かな木目。
 上体を起こすと、ふと横の扉が目に入った。
「…………」
 剣がある。
 細長い赤みを帯びた鞘。
 サーベルのような護拳――半円状の大きな鍔――があり、すぐに自分のものだと理解した。
 ゆっくりとベッドから降りる。ご丁寧にシーツを掛けられているところを見ると、誰かに拾われたか。
 しかも驚くことに、ありったけの薬用ハーブがベッドに敷かれていた。恐らく、今の自分はハーブ臭が尋常じゃない。どのくらい寝ていたのか知らないけれど、ハーブの匂いに慣れてしまったせいか、もはや鼻も利いていなかった。
 ひた、と裸足で床に降り立つ。冷たい。足元には一足のブーツと、ブーツのつま先に白いニーソックスが、畳まれずに乱暴に置かれていた。
 どうやら応急処置を施されていたようである。とは言え、脚や腕、頭に包帯が巻いてあるぐらいだが。
 剣を握り、恐る恐る扉を抜けると、家の廊下に出た。数ある扉のうち、光の差し込む半開きの扉に向かう。
 そこは書斎だった。
 床一面に散乱しているのは医学関係の資料。
 小さなステンドライトに照らされているのは、分厚い医学書に顔を埋める少年だった。
「ん……やあ。起きたのかい」
 寝ぼけ眼で振り返る少年。ボサボサに跳ねた黒髪を撫でつけると、バッと剣の柄に手をやるセラルフィを見て、椅子から転げ落ちた。首にぶら下げた大槌のネックレスが床を這い、主人のもとから逃げていく。
「ちょっ……ええ!?」
「あなた何者? あの男の仲間ですか?」
「へ? 誰、あの男って……ぎゃあ! 待って待って剣抜かないで!」
 抜き身のロングソードを突きつけられた少年は、まるでこの世の終わりと言わんばかりに取り乱し始める。
「と、隣町まで買出しに出かけた子が助けを呼んだんだよ。君が倒れてるって。深夜でこの町の医者は森の反対側にいたからね。僕の家が一番近かったんだ。……そういえばあの森、一帯焼け野原だったけど、何があったの?」
 どうやら『あの男』の仲間では無いらしい。
 そう判断したセラルフィは、納刀して少年が落とした大槌のネックレスを拾う。
 すると急にぐらりと体が傾き、バランスを崩した彼女は盛大に転倒した。
「大丈夫ですか!? 急に動いちゃ駄目ですよ。丸三日寝てたんですから」
「まる……みっか?」
 丸三日。
 必死に立ち上がろうとしていた少女の脳裏に、あの男のセリフが過ぎる。

『一六八時間。つまり七日。その時がくればあなたの心臓は爆散し、同時にあなたも死亡する』

「ッ……!」
 こうしては居られない。丸三日も寝てしまったのかとセラルフィはいっそう腕に力を込めた。
 しかしすぐに力尽きる。丸三日も寝ていたと言う事は、丸三日何も食べていないと言う事だ。
「とりあえず安静にして下さい。すぐに朝食の用意をしますので」
「そんな、悠長に」
 待っていられるか、と言いたかったが、腹は正直である。
 弱々しく鳴く腹の虫に、少年はくすくす笑う。
 しかし少年も同じだったようで、セラルフィの腹の虫に呼応するように、少年のお腹もぐるる、と唸った。
「ね?」
 照れ隠しか、色白の顔が赤く染まりつつも、少年は砕けたような笑顔でそう言った。


     

「セラルフィの七日間戦争」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く