話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

こんにちは!この世界の勇者を倒しに来ました!〜『世界』を旅する転生旅行記〜

観測者A

さぁ、驚きです!!

「おお!気がついたか!怪我は...無さそうだな!良かったな!」

 男が陽気に話しかけてくれた。
...どうでも良い事だけど、上の服が破れていない。この男が服をくれたのだろうか。そして、世界が変わっても市民の服装は変わらないようだ。平行世界だからか?

「いやー。今回はありがとうございました!」

「んで、兄ちゃん。空から降って来たのはなんでだ?最近は空から降ってくるのが流行ってるのか?」

「流行るってなんですか!?いや、ちょっと訳ありで...お金も無いんですよ...」

「そうかそうか...それは大変だったな!まあ、モンスター倒してりゃ大丈夫さ。」

「モンスターを倒していればってどう言う事ですか?」

「なんだ?記憶喪失にでもなったのか?お金を稼ぐって言ったらモンスターを倒す。当たり前だろ。」

あー。そう言う世界なのね!?
日本にいた頃、そういうRPGをよくやっていた気がする。

「あ、ああ!そうですよね!忘れてました!」

「おいおい、しっかりしてくれよ?おっ。もうこんな時間か。じゃあ、俺は行くから。頑張れよ!!」

 そう言って男は出て行った。
 僕もそろそろ活動を始めないとな。なんせ日数が無いんだ。とりあえずモンスターでも倒しに行くかな。




 とりあえず町を出て、近場の平原に向かう。
そうすると、かなり離れたところにゴブリン(だと思う)を見つけた。距離があるが、あのシルエットは多分そうだろう。素手でも倒せそうな敵だ、なんとかなるだろう。
 そう思いモンスターの元へ駆けていく。途中であちらも気づいたのか、走って近づいて来た。徐々に姿が鮮明になっていく。
 緑の肌。鋭い牙。飢えた獣の眼光を放ち、刃物を構えている。
というか、刃物!?え、素手で刃物の相手は出来ないって!!っていうかすっげえ怖いな!?本当にゴブリン!?
怖くなって引き返そうとしたが、あちらも走って来ている。逃げたら背中を刺される気しかしない。
 昔やったゲームの中のゴブリンはかなり可愛かった。しかしそれはゲームの中だけだったようだ。
そりゃそうだ。生きてるんだもの、必死ですよね!
 あちらも必死なのだ、僕も覚悟を決めて進む速度を速める。

 ついにゴブリンの間合いに入った。しかし僕は走る速度を遅める気は無い。そしてゴブリンが刃物を振るう。

 「スキル発動!!『スロウ』!!」

ゴブリンの振るう刃物の速度がかなり遅くなる。この前、勇者を倒した時に得たスキルだ。道中に試してみたが一回の発動で3秒弱しか遅くならなかったし、使った後は5分ほど時間を置かなければならないようだった。どうやら勇者から得た能力はかなり劣化して習得するようだ。
 しかし、3秒もあれば充分だ!僕は刃物を避け、腕を伸ばして駆け抜ける。

 僕の伸ばした腕は、走るスピードにゴブリンの踏み込むスピードを上乗せする形でゴブリンの首に直撃し、後頭部が地面に叩きつけられ鈍い音がした。クロスカウンターだ。

 昔どっかの漫画で読んだラリアットを使ってみた。かなり効果があったようだ。だが僕の腕も凄まじく痛かった。結局は魔法とかよりも、身体を使った方が安心だよね。
 今度から僕の必殺技はこれにしよう。

 倒してから思ったのだけれど、どこからお金を得るのだろう?ゲームなら亡骸が消えてお金が出たりするんだけど、亡骸が消える気配も無い。とりあえず辺りを見回すと、スライムを発見した。観察してみると、スライムの中心に硬貨らしき物があるようだった。

え?まさか?

 もう一度、ゴブリンの亡骸を見る。
...やるしか無いか。覚悟を決めてゴブリンが持っていたナイフを握り締める。




 色々あって、銅貨を6枚手にいれたよ!!
どうやって手に入れたかって?聞きたい?聞きたく無いよね!?僕泣いてるんだよ!?察してね!!

 その後もモンスターを見つけては走り、ラリアットを食らわしていった。
その結果、銅貨を30枚ほど獲得した。
まあ、なんというか。かなり、グロかったです...。何で胃袋の中にあるんだ...。
 そして、倒した魔物の装備品であるナイフとナイフホルダーをちゃっかり手にいれた。使うとしても解体用なんだけどね。
もう今日は腕も限界だし、グロッキーだから街へ帰ろう。
 
 商店街でお惣菜を買って食べる。とりあえずお腹はいっぱいになった。
宿を見つけたので、そこに泊まる。明日はお金を貯めつつ、勇者の観察をしようと思う。
 後4日か...急がないとな。
 今は明日の為にも早く眠りに着くことが大切だ。余計な心配はせずにやる事をやろう。
そう言って1日が終わった。


世界崩壊まで...あと4日

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く