話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

こんにちは!この世界の勇者を倒しに来ました!〜『世界』を旅する転生旅行記〜

観測者A

さぁ、前途多難です!!

 みるみる地面が近くなって行く。
ついさっき帰ってくると決意した心が早々に打ち砕かれそうだ。涙が出るね...
 とにかく落ちるまでの時間を伸ばすため、体を広げ、服を破き最大限まで空気抵抗を高めておこう
 次に降りる場所見つけないと...
地面を確認すると街と海、砂漠と火山が見える。
 まず街と火山は当然ダメだ。次に海だけど、昔見た本に飛行機から海へ落ちると確実に死亡するとか書いてあった気がする。最後に砂漠だけれど、行けそうな気がするが砂漠に落ちて怪我をした状態でなにができようか...すぐに死にそうなので却下だ。
 なんだか。どこに落ちようが、結局はその後の治療の速さのような気がするな...そうなると街が一番良い気がして来た。
 よし。あえて街に降りよう!!最早、迷ってる暇もない!!
慣れないながらもなんとか重心をずらし、街の上空に到着した。あとは出来る限り速度を落とすだけだ!!
 徐々に街の様子が鮮明に見えてきた。
商店街にガタイの良い男がいたのでその人に向かって落ちて行くとしよう!!
どうか助けておくれ!!!




 今日の俺は運が良い。レアなモンスターに出くわしたり、ガールフレンドと婚約を取り付けた。それもこれも、お天道様からの贈り物ってやつかもな。
 そう思い空を見上げた。
...?なんか落ちて来たな。水か?
その後も水は落ちてきて、気になったのでしばらく上を見ていると、ものすごい速度で泣きながら落ちてくる上半身裸の男を確認した。

「だずげでくだざい!!!」

男が叫んでいる。
 これもお天道様からの贈り物か...?
とにかく助けなくちゃな!!

身体強化の魔法を自身と男にかけ、落ちてきた男をガッチリと受け止める。
命は助かったようだが、気を失っているようだ。取り敢えず教会へ連れて行くとしよう。




 ふと目を冷ますとベットの中だった。
周りには、神々しい女の像やステンドグラスがあった...きっと教会だろう。
状況を確認すると、気が抜けたのかふと笑い出してしまった。
生きているのって楽しいと。そう思えた。
 この宗教に入れるぐらいの深い感謝を女神像に捧げていると、ひとりの男が入って来た。先程助けてくれた男のようだった。

「コメディー」の人気作品

コメント

  • 春風 めると

    そう思い空を見上げた。
    なんか落ちてたな。水か?

    となっていますが、なんか落ちてきたな?←ですかね?
    脱字じゃなかったら申し訳ないです┏●

    1
コメントを書く