話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

こんにちは!この世界の勇者を倒しに来ました!〜『世界』を旅する転生旅行記〜

観測者A

さあ、特攻です!

 いい朝だ。綺麗な朝日を見ると決意がより一層固くなる。
ついに今日僕は勇者を倒す事に決めた。
礼儀として果物店に行き、一通りの仕事をこなした上で「今までありがとうございました。」と、書き置きを残しておいた。昼からはハリ坊に芸を教え込み、廃材置き場で材料を探した。
あとは、夜までにどうにかして塩を手に入れるだけだ。
川沿いを進むと思ったより早く海にたどり着いた。
それを廃材置き場にあったバケツで運ぶ。
 ふぅ...この分なら、夜に間に合いそうだ。
若干不安もあるが、くよくよしててもしかたないので特攻する事にした。
ハリ坊も結構懐いており、しっかりやってくれそうである。緊張している姿がやはり可愛い。
そうして夜が更けていく。

 さて、街の人から聞き出して勇者の元へ向かう。
そしてついに僕は勇者を見つけ出した。

「勇者様!この前助けていただいたものです。生活に余裕ができたので是非お礼をさせてください!」

「え?良いですよ。好きで助けたんですから!」

「いえいえ!それでは私の気が治りません!私の為にもお礼をさせてください!」

「そこまで言うなら、お願いいたします♪」

なんていい笑顔だ。男だが、惚れてしまいそうである。倒すのが苦しくなるが、仕方がない。

 いつもの拠点に勇者を連れ出し、颯爽とバケツごと水をぶちまけた。
どう見ても勇者は切れている。

「何をするんだ!?」

「今日!僕はお前を殺す!!ごめんなさい!!」

「何言っているんだ。君は囚われていた村人では無かったのか?」

「だとしても、玉座の裏から出てくるのはおかしいと思わないのか!?すまないが躊躇はしない!!」

 そう言って至近距離から尖った金属片を突き刺す!!
しかし流石勇者だ。即座に反応し、例の能力を使って回避された。
僕はすぐにその場を離れる。
連発できないのはこの前の観察結果で知っている。
今だ。ハリ坊に合図を出し、僕はジャンプした。

バリッ

「うわっ!?...」

 一瞬痙攣し、勇者は動かなくなった。
しばらくしてから近づき、脈を測った。
うん。死んでるね。

 こうしてあっけなく僕は勇者に勝利した。
ハリ坊と勝利の喜び分かち合う。

 種明かしをすると、この辺り一帯に海水を撒いておいたのだ。そうして呼び出した勇者にも海水をぶちまけ、タイミングを見て電撃を流す事で心臓を止めたのだ。
海水は水を通しやすいので利用したのだ。
勇者を倒してしばらくすると、世界が崩壊を始めた。僕のスキルも自動的に発動したのか、どんどん体が消えていく。ハリ坊を抱きながら世界が崩壊する瞬間を見るのだった。



気がつくと元の四畳半の部屋に戻って来ていた。やっと帰って来れた。安心していると、ふと手の中に温もりを感じる。
...ハリ坊がまだいる!?
するとタブレットの電源が付き、あの女神が映っている...


続く。

「コメディー」の人気作品

コメント

  • ポニすけ

    ステータスェ…

    0
コメントを書く