話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

こんにちは!この世界の勇者を倒しに来ました!〜『世界』を旅する転生旅行記〜

観測者A

さぁ、勇者を殺しましょう!!


・・・「とりあえず、この人でいいですかねぇ♪」




交差点で、友達と話しながら青になるのを待っていた。
「お、もう変わりそうだな。じゃあ、俺も帰るわ!ワタルー!またなー!」
「おう!」

 信号が青になると同時にペダルを漕ぐ。
高校生になってはや2年。思えば一番気を抜いていた時期だったのだろう。僕は横から急スピードで突っ込んで来るトラックに気がつかなかった。

「ワタル!!危ない!!」
そう言われた時にはもう遅かった。僕は容赦なく進むトラックに轢かれた。




 「あ!目が覚めましたか!?」
「ここはどこだ?というか、なんだこれ?」
さっき僕はトラックに轢かれたはず...それなのに今、僕は無駄に広く白い空間の中、サキュバスっぽい人と二人きりで立っていた。
「ここですか?嫌だなぁ〜ここは世界の狭間ですよー!トラックで轢かれたら転生するのはお決まりでしょう!!」
「そういうもんなのか...?まぁ、それはいいとして。なんでお前がいるんだ?」
「え〜!?転生して、白い空間といえば、女神様に決まってるでしょ?そのくらい察してくださいよ!!」
 正直。どう見ても悪魔にしか見えなかった。というか、女神はこんなにも露出度の高い服を着るのか?なんかツノも生えてるし...
「いや、何を疑ってるんですか?正真正銘の女神ですから!...まぁ、良いですよ。取り敢えず、用件だけ伝えますからね?」
とりあえず、さっさとこの空間から抜けたかった僕は頷いた。
「では、あなたに使命を与えます!これからあなたは様々な世界を巡って、その世界の勇者を殺してもらいます!」
「は?」
「貴方には、『並行世界の旅人』というスキルが与えられています!それを使ってどんどん勇者を殺してくださいねー!」
「いや、ちょっと待っ」
「倒した勇者の力は、貴方の物になりますよ!良かったですねー!『並行世界の旅人』については、使ってみて確かめてください!」
「そのぐらい説明してくれよ!」
「ウルセェ!!天使共にこの場所を嗅ぎ付けられる前にさっさと行けぇ!!」

やっぱり悪魔じゃねえか!!

自称女神が喚き散らすと、目の前の景色がどんどん霞んでいった。薄れる意識の中、慌てた様な声が聞こえる。

「言い忘れましたが、一週間以内にその世界の勇者を倒さないと、あなたは消滅してしまいますよー!」

そういうのは...先に...言...え...
僕の視界は闇に包まれた。

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く