神々に育てられた人の子は最強です

Solar

愛菜視点から


 私の名前は姫宮愛菜。

 学校では二大女神とかで呼ばれている。

 私はいつもの学校の放課後には告白されていたが自分は好きな人がいると言って断ってきた。

 その好きな人の名前は黒瀬神夜。
 彼は学校では一人で小説を読んで静かに過ごしていた。
 私と親友の雫ちゃんの幼馴染だ。

 初めて彼と話したのは小学校の頃、その頃からずっと一人だった彼に私は雫ちゃんと一緒に喋りに行った。
 話すと普通の男の子で楽しかった。

 そして一緒の中学校に通った。
 中学校でも変わらない生活だった。


 そんなある日私は誘拐された。


 車が私のすぐそばに止まり素早く私を縄で括り口にガムテープを貼って気絶させられた。

 目が覚めた時にいた場所は近くにあった工事中の建物の中だった。

 周りには大人の人だけしかいなかったので私は怯えて縮こまっていた。

 すると部屋の扉が勢い良く開かれそこに居たのは神夜くんだった。

 大人達はすぐさま神夜くんに襲いかかっていたので私は目を瞑った。

 次に目を開けると立っていたのは神夜くんだけで大人は気絶していて私に手を差し伸べてくれた。

 その後すぐに警察が駆けつけ事情聴取を行いすぐに帰った。

 次の日私は神夜くんに「どうして私がいる場所がわかったの?」と聞いたら「誘拐された所を見たから」と答えてきた。普通見たら先に警察を呼ぶ筈なのに彼は私を追いかけてきてくれたらしい。

 その時、彼が大人を倒し私に手を差し伸べてくれた姿を思い出し顔を赤くした。
 あの姿は私にとって白馬に乗った王子様に見えた。
 それからは何故か私は彼を目で追っていた。

 中学校卒業後、彼と雫ちゃんと私は高校も一緒だった。

 そして高校生最後の年、私たちは修学旅行に行く途中異世界に召喚されてしまった。

 私は雫ちゃんと一緒にいた。クラスメイトは勇者ということを、異世界に来たということで浮かれすぎているんじゃないかと思った。

 王女様と王様に説明された私たちは自分の前に現れた半透明なステータスを見てみた。

【名前】姫宮愛菜
【種族】人族
【性別】女【年齢】18
【称号】聖女   異世界人
【レベル】1
【HP】160
【MP】230
【攻撃力】140
【魔攻力】210
【防御力】150
【魔防力】200
【俊敏力】130

固有スキル:聖女の思い

スキル
MP自動回復(大)   魔力上昇(大)   鑑定    アイテムボックス   異世界言語

魔法
水魔法Lv1   光魔法Lv1   治癒魔法Lv1

【加護】生命神の加護    魔法神の加護

 ここで謎だったのは固有スキルの聖女の思いとスキルの魔力上昇だった。

 そのスキルを押してみると効果が見れた。

──────────

【聖女の思い】(効果)聖女の称号を持つ者の想い人への想いが強いほどステータスが上昇

【魔力上昇】(効果)魔法を使っている際魔法の威力が上昇

──────────

だった。

 魔力上昇の効果は良いとして聖女の思いの効果を見て私は恥ずかしくなり顔を真っ赤にしているのが自分でもわかった。

 そして二週間訓練してダンジョンに行った。

 私は雫ちゃんと一緒に行動していて偶に神夜くんを見ていた。

 一階層、二階層、三階層、四階層はあまり強くなかったので大丈夫だった。

 そして5階層に着いた時にハプニングが起きた、今まで見てきたどの魔物よりも強いと私でも感じた。

 だが神夜くんがその魔物と話しているのに気づいた。
そして神夜くんはその魔物について行くと言い出した。

 その瞬間を私は胸が苦しかった。そしてわかった。聖女の思いの想い人は神夜くんに向けてだったんだって。
 私は神夜くんを何回も止めたが彼は行くと言った、そして行く前に私と雫ちゃんにペンダントをくれた、すごく嬉しかった。

 王城に戻った後私は部屋でこう思った。

 神夜くんはこの国は危険だって言ってた。
 神夜くんの言葉なら信じられる。

 それと彼は必ず生きると言っていた。
 ならば、今度会った時には必ず強くなっておこう。

 これが私の覚悟が決まった瞬間だった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

続けて更新します

「神々に育てられた人の子は最強です」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • Chronus

    可愛い( '-' )b…!!

    1
  • 作者K

    女神!?

    1
  • 苺谷みるく

    (ノ゚ο゚)ノ オオォォォ-視点変わって新鮮さがっ!一番最初の女神うんぬんに若干の『ん?』があったけど文の構成バッチシ!ええね!

    11
  • 咲

    和みますねー

    1
コメントを書く