話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

【銃】の暗殺者

ヨナ

報酬




お待たせしましたぁ〜







襲撃を終えた後、俺とシェリーは家に戻らず秘密裏に王都から出た。そこで水属性魔法によって生み出した水をかぶって返り血を落とす。更に着ていた服を燃やして灰にして、その灰を更にシェリーの影が飲み込む。これで証拠の隠滅は終わりだ。もちろんシェリーが使ったナイフも廃棄した。

着替えを終えてまた秘密裏に王都に入り、家に戻った。仕事終了の報告は明日でいいだろう。一方的ではあったがなんだかんだで疲れたし、ゆっくりと休むことにしよう。

いつもと同じようにシェリーと一緒のベッドで眠った。シェリーは眠る時に手を脚を使ってがっしりとしがみついてくる。ずっと信頼できる人がいなかった反動かもしれない。


□■□■□■□■


翌日

朝、、、というか昼に起きた俺たちは特に焦ることもなくのんびり身支度を整えて食事をとる。起きるのが遅くなったのは昨日の夜遅くまで仕事をしていたからだろう。
朝食兼昼食としてパンと果物を食べて軽く武装をして家を出る。ギルドに依頼達成の報告に行かなければいけない。

家を出ると街はいつもと違っていた。いろんな人が走り回っていて衛兵も多い。まぁ、それもそうか。この国のナンバー2が屋敷ごと吹き飛んだんだから騒ぎになって当たり前だろう。
周囲の喧騒に耳を傾けながら歩くと、どうやら一般庶民はお偉いさんが襲われたとしかわかっていないみたいだ。まぁ、貴族の屋敷がある区画になんて普通は行かないし当たり前だろう。

歓楽街に入るといつもより人が少ないような気がした。おそらく毎日娼館に通ってるような金持ち連中が宰相暗殺のせいで大忙しのせいだろう。
そんなことを考えながら闇ギルドに向かった。


「おう」
「にゃ、待ってたにゃ」
ギルドでいつも通りミーシャに声をかけるとそう言われた。
「マスターが待ってるにゃ。着いてくるにゃ」
ギルドマスターの部屋に案内される。

「来たか、待っていたぞ」
「ん、そうか。それで依頼の達成の確認は済んだか?」
「もちろんだ。まぁ、屋敷の二階より上が吹き飛んだことには驚いたがな。魔法かね?」
「秘密だ。それより報酬を」
「ふむ、では三姫のところに行こう。報酬は直接渡したいと言っていてな、受け取っていないんだ」
ルシアは困った奴らだという風に首を横に振る。
「はぁ、ならさっさと行こう」
出来れば会いたくなかったんだけどな。


「やぁやぁ、よう来たねぇ。待っどったんやでぇ」
カエデが尻尾を振りながら出迎えた。あのふかふかの尻尾は是非堪能してみたいが流石に9本もあると邪魔じゃないだろうか。
「うむ、まぁ、良いわ!よくやったぞ童!あの阿呆め、屋敷ごと吹き飛びよって!カカカカカッ!」
メフィが踏ん反り返って高笑いする。幼女の見た目なのに何故か高笑いが似合っている。
「期待以上だよ!ボクびっくりしちゃった!」
カティは相変わらず宝塚みたいな奴だな。男装美人って奴だ。

相変わらず3人とも娼婦らしくないな。まぁ、明らかに娼婦なんてやらなくても生活していける奴らだからな。何か理由があるんだろう。面倒だから聞かないが。

「ん、そんなことより報酬をくれ」
さっさと帰りたい俺は報酬を催促する。
「そない急がんでもええやないか、もぅ。ほれ、これが報酬や」
ずっしりとした布袋が出された。流石は白金貨50枚だ。それを受け取ろうとするとメフィにひょいっと避けられた。
「カカカッ!この報酬を使って妾達の誰かを買わんか?ええじゃろ、な?」

ビシッ

俺は腰に差していたナイフを抜いてメフィの額に向かって投げた。
「冗談はよせ、さっさと報酬をよこせ」
メフィは危なげなくナイフを指で掴み取る。
「、、、、何するんじゃ。危ないじゃろが。妾の顔に傷がついたらどうしてくれる」
「知るか」
半目で睨んでくるメフィを無視して奪い取った報酬を数える。

「つれないやっちゃなぁ〜」
「全くだよ。ボク達の肢体に興味はないのかい?もしかして性欲がないのかな?」
「性欲はある」
寧ろ人より強いくらいだ。野生で生きていると種族保存の欲求が強くなる。
「うん?ならどうしてボク達に興味を示さないんだい?ボク達3人の誰か1人くらいは好みに合うと思うけど」
「ハハハッ!」
俺は思わず笑ってしまった。

「臭うんだよ、お前達は。俺の本能がガンガンアラートを鳴らしてやがる。お前達から漂う強者の匂いによ。しかもただの強者じゃねえ、バケモンの類だ。どれだけいい体してようとバケモンに欲情できるか」

ずっと思ってたことだ。確かにこいつらの体は最高のモノだろう。だが中身は別だ。魔の森で生きていると自然と強者を感じ取れるようになる。だが魔の森でもコイツらほど強い奴は見たことねえ。おっかなくて今すぐ帰りたいぜ。


「失礼やなぁ〜。女の子に臭う言うのはあかんで」
「全くじゃ!こんなにぷりてぃでせくしぃな妾になんてこと言うのじゃ!」
「うんうん、それに君だって強いじゃないか」

「知らん。まぁいい。大金が手に入ったんだ。しばらく仕事は受けんからな」
俺はルシアにそう言っておく。
「ふむ。構わないが今回のような時は勝手に依頼を持っていくぞ」
「他に回せ」
俺はそれだけ言うと部屋を出た。

「シェリー、怖かっただろう」
「ん」
シェリーは三姫の前だと静かになる。シェリーもアレらの化け物具合が感じ取れるので怯えているのだ。だからさっさと切り上げたのだ。


「金は手に入った。これで家を買うことにしよう。今住んでいるところは完全に店専用にして住むところが欲しい」
「一緒なら、どこでもいい」
シェリーはそう言って擦り寄ってくる。
「よしよし、愛い奴め。
家は絶対に風呂付きにしよう。それから小さい庭も欲しいな。家庭菜園がしたい。シェリーは何かあるか?」
「ベッド、大きいやつ。お父さんと一緒に寝る」
「ん、そうだな。奮発してフカフカの買おう」
「ん」
シェリーと今後を相談しながら帰路を歩く。

まぁ、でも直ぐにとは行かないだろうな。家を建てるのにも時間はかかるし、大工も探さなきゃいけない。風呂を作れる奴は貴族の御用達くらいだろう。
あー、三姫に紹介して貰えばよかったか。

ま、ゆっくりやろう。



ーーーー三姫ーーーー

「で、どうやったんや?ルシア」
ジョンが帰った後、ウチはルシアに聞いた。
「結局わからなかった。死体は額に小さな穴が空いているものが多かったがどうやったのかはわからない」
ルシアは首を横に振りながら答える。

「屋敷の上半分を吹き飛ばした方法もわからんのか?」
「ああ。魔力の反応はあったがあそこまで破壊できるほどの魔法を発動できるほどの魔力量ではなかった」

「う〜ん、どうやってるんだろうねぇ。シェリーちゃんの方は多分、影魔法だよね?濡れ羽鴉だもん」
「おそらくそうだろう」


「くっくっくっ!ルシアでもわからんとはすごいなぁ。おもろい人が来たやないの。楽しくなりそうや」


それにキセル言うヤツも譲って貰う約束しとるなぁ。既に注文はしとるから出来上がりが楽しみや!







「【銃】の暗殺者」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • だね

    待ってました!
    やっぱり1番面白いです!

    0
コメントを書く