話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

【銃】の暗殺者

ヨナ

三姫



この王都にはそれぞれの区に主がいる。
東区は貴族街であるため当然国王、北区の市場では商人ギルドのギルドマスター、南区の職人街は親方衆で結成されている職人連合、中央区はいくつかのギルドがあるためそのギルドマスターで集まりであるマスター会議。

そして西区の歓楽街に君臨するのは三姫と呼ばれる3人の娼婦・・だ。
その3人はその美貌故に国内外問わず人気があり、時には他国の重鎮がその3人に相手をしてもらうためにこの王都に訪れるという。
それ故にこの王都にはまことしやかに流れる噂がある。それは

"この国のトップにいるのは国王でも宰相でもなく三姫である"と


この世界は個人の力に情勢が左右されることが多々ある。だから娼婦が国の実権を握ってるなんてこともありえる。
だから俺は面倒ごとに関わらないようにとギルドに用がある時以外は西区には近づかなかったのだ。
なのにまさかのお呼び出しである。おそらくここ数ヶ月で金を稼ぐために依頼を受けまくっていたので目立ったのだろう。ないとは思うがもしかしたらこの前殺した3人の全身甲冑が三姫の手駒だったのかもしれない。

まぁ、なんにせよ面倒ごとには変わりない。



後日、俺とシェリーはルシアに連れられてある娼館を訪れていた。

『華の園』

三姫がいる娼館である。この王都で一番の娼館といえば全員がここの名前を言うだろう。その下は入れ替わり立ち替わりあるがトップだけは三姫が来てからは変わったことがない。


俺は面倒ごとの予感しかしないからギルドに来る以外は西区に近寄らないようにしていたのだがまさかお呼出が来るとは、、、大方、俺がこの数ヶ月で依頼をこなしすぎて目立ったのだろう。ハァ、しくじったなぁ。



「ここだ。さぁ入るぞ」

『華の園』の最上階の奥の奥、巨大な扉の前に連れてこられた俺はそう言われて心の準備もなしに扉を開けられる。そうして中の光景を見た俺は思わず零してしまった。

「『傾国』に『天災』に『国喰』?それに『叡智』も揃えるとか、、、世界征服でも始める気かよ」


「やぁやぁ、面白い子やねぇ」
「カカカッ!面白い童じゃ」
「ふふん、なかなかカッコいい子じゃないか」

中にいたのは三姫は狐人族、吸血鬼、サキュバスだ。三姫自体は有名でも本人はあまり表に出てこないし、会うことが難しいので見た目を知っている人は少ない。絶世の美女ということだけが広まっているのだ。


ルシアと同じように三姫もそれぞれ異名がついた奴らと同じ見た目だった。

『傾国』
九尾の狐人族だ。狐人族は尻尾の多さが力の大きさを表しており9本が最大だ。
遥か昔、九尾の狐人族の女がいたそうだ。その女はそれはもうたいそうな美女で各国の王がその女を欲し、戦争が起きた。その戦争で2つの国がなくなった。さらに戦争の結果、その女を手に入れた国の王もその女に惚れ込み、その女のワガママを聞くために国庫を使い果たし、国を傾けたそうだ。その国は滅んだがその女はまた別の国の王の愛妾となり、また国を傾けた。
それ故に傾国と呼ばれることとなった。

『天災』
金色の髪と真紅の瞳を持つ吸血鬼。しかも完全な太陽の下を歩く人デイウォーカーだ。吸血鬼は太陽に弱く最弱だと太陽の光を浴びるの硫酸をかけられたみたいに溶ける。強くなればなるほど太陽の影響を受けなくなるのだ。
昔、1人の吸血鬼がいた。吸血鬼は人の血を主食とするという性質上人間に嫌われていた。吸血鬼が1体出れば軍が動員されるほどだった。その吸血鬼は強すぎた。軍を壊滅させ、食欲のままに吸血し、いくつもの国を滅ぼした。人の手に余る暴力に恐怖を込めて天災と呼ばれた。

『国喰』
魔族のうちの1種族、サキュバス。人の精を食らう種族だ。サキュバスは立派な角、より紫に近い瞳、より漆黒に近い尻尾を持っているものほど強い種族だ。
昔、羊のような捻れた立派な角を持ち、透き通る紫色の瞳を持ち、漆黒の尻尾を持ったサキュバスがいた。そのサキュバスは目についた端から男という男の精を搾り尽くし、喰らい尽くした。そのせいでそのサキュバスの通った国の子供が激減し、人口が減りすぎて国が滅ぶということが多々あった。精を喰らい国を滅ぼしたその姿から国喰と呼ばれた。



あー、長々と読んだ本を思い出して現実逃避していたけどなんなんだこいつら。マジで世界征服でも始めんのかって面子だぞ。

それに、1、2、3、、、、7人か。この部屋を見張ってる、というより三姫を護衛しているであろう視線が7人いる。天井の裏だったり床下だったり、隣の部屋だったり。そこそこ腕のいいのが集まってる感じだ。まぁ、でもコイツらほどじゃないな。

俺は隠れている奴らから目の前にいるやつらに意識を移す。この三姫はルシアと同じくらいやばい。俺の本能がメチャクチャアラート鳴らしてるわ。


「そう怯えんでもえぇ、取って食ったりはせんよ。あ、ウチはカエデ言うねん。よろしゅうな」
狐人族の女が話しかけてくる。因みにスタイルはボンキュボンだ。エロスの塊みたいな女だ。見た目も雰囲気も花魁みたいなのに口調が関西人なのは違和感がすごいな。

「カカッ!妾はメフェルーシである!メフィで構わんぞ!」
吸血鬼は幼女体型。娼婦の頂点である三姫に入っているということはこの世界にも業が深い人ロリコンが大量にいるらしい。リアルロリババァか、なんか偉そうだな。

「ボクはカティだ。よろしく、少年」
サキュバスとは思えないしっかりとした挨拶をした女は胸は特別デカくないが、、、なんというか、こう、綺麗な人だな。全てのバランスがうまく組み合わさった黄金比?な感じだ。男装のサキュバスとか想像と違うんだけど、、、宝塚みたいだ。



「ああ、よろしく。知ってると思うが俺はジョン・スミス。こっちは娘のシェリーだ」

そう名乗った瞬間、あちこちで殺気が漏れた。多分、タメ口で話したから切れたんだろう。護衛してるのは三姫の信者か。っていうかこいつら気配隠す気あんのか?


「知っとるでえ、そっちのシェリーちゃんは元は宰相んとこの暗殺部隊の子やろ009やったっけ?」
「そうじゃのう。そっちの小娘の情報はすぐに集まったんじゃがのう」
「そうなんだよね。この国で一番情報が集まるのはボク達なんだよ。みんな口が軽くなるのはベットの上だからね。その娼婦達の頂点に立つボク達はどんな情報でも得られる、、、筈だったんだけど、ね」

三姫が好奇心が全面に出たギラギラした目で俺を見てくる。どうにも獲物を見る目をしてやがる。

「ウチらに集められへん情報なんぞなかったんや。今までは、な」
「じゃが童、お主はなんじゃ?アイシスまでは辿れた。じゃがそこから以前がサッパリじゃ。魔の森の方角から現れたとしかわからん」
「まるで突然現れたか、、、生まれてからずっと魔の森で生きて来たみたいじゃないかな?」

通常、魔の森で3日以上過ごすのは不可能だと言われている。そこから現れた俺はまるで生まれてからこの年まで魔の森で育ったように見えるんだろう。まぁ、異世界から来たなんて言うつもりはないけど。



「知らんね。情報網に穴があったんじゃないか?過去を探るなんて野暮なことをするなよ、三姫ともあろうお方がよ」










「【銃】の暗殺者」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く