【銃】の暗殺者

ヨナ

加入




初仕事を終えた翌日、ギルドに報酬をもらいに行くんだが他の合図を聞いておくのを忘れたせいでまた風邪薬を買う羽目になった。薬屋のばぁさんは初仕事を終えて顔色ひとつ変えないのは大物になると言っていた。
やっぱり普通は人殺しは精神的にしんどいものなんだろうか、、、、分からん。


そのまま酒場に行ってエールを頼んで風邪薬を出す。そうしてギルドに通してもらった。


「よう、来たな小僧」
「ああ、報酬を貰いに来た」
「ふん、肝の太えやつだ。ほれ、銀貨10枚」
「ひぃ、ふぅ、みぃ、、、、確かに」
ちゃんと枚数を数えておく。新入りだからと上前をはねられたらたまらない。
「ちょろまかしたりしねぇよ、ったく。まぁいい、試験だが合格だ。ほら、ギルド員の証だ」
そう言って渡されたのは五円玉のような穴の空いた硬貨にチェーンがついたネックレスのようなものだ。
「次からはこれを見せれば通れるようになる」
「そうか」
毎回毎回風邪薬買うのはめんどくさいし、出費が嫌だからな。


「でだ。お前どうやって殺した?」
「ふん、張り付かせてた奴に聞けばいいだろう」
「やっぱり気づいてたのか。アレでも一応気配を隠すのはこの支部では一番うまいんだがな」
アレで?、、、魔の森の魔物と比べるから悪いのか。まぁ、人間にしては上手い方だと思うしな。正確にはなんかの獣人だったみたいだけど。まぁ、何にしても
「手の内を教えるわけがないだろう。勝手に想像してればいい」
「はぁ、無愛想な奴だな。どれくらいこの街にいるつもりだ?」
「1ヶ月」
「その先は?」
「王都に定住するつもりだ」
「なるほどなぁ」
盗賊顔が納得したように頷いている。

「小僧、王都じゃなくても定住するつもりなら手に職をつけろ。仕事がないのにいい暮らしをしてたら怪しまれるしな。まぁ、冒険者はやめておけ。俺のオススメは薬師だ。アレは独学でもそれなりに身につく」
「そうか。アドバイスありがとう。薬師か、、、薬草の勉強でもしてみるか」
「おう、そうしておけ」
金はあるので次の依頼は受けずに外に出た。



「なるほどなぁ、、、カモフラージュの職が必要なのか。言われてみればそうだなぁ」
あまり一生懸命働く気は無いので毎日せかせか働かなきゃいけない店は無しだな、八百屋とか肉屋とか。宿屋は、、、あれはあれで大変なんだよな。飯用意したり、掃除したり。となるとオススメ通り薬師かな。薬は毎日使うものじゃ無いし、そう忙しくはならないだろう。

とりあえず薬草の勉強のために本屋に行って薬草の本を買って来た。
その帰り道、大通りを宿に向かっていたら歓声が聞こえた。


「おい、見ろよ!《栄光の劔》がレッドハウンドベアを倒したんだってよ!」
「やっぱりあいつらすげえな!Aランクの魔物だろ?Bランクパーティーで討伐できたのかよ」
「もうすぐAランクに昇格するんだとよ!」


冒険者が大物を倒して来たと大騒ぎになっていた。野次馬の隙間から顔を出して見ると見覚えのある魔物で気まずくなってそそくさとその場を後にした。
そうなのだ。俺は先日買った魔物の本で驚愕の事実を知ってしまったのだ。

今、騒いでいたレッドハウンドベアとはAランクで一定の縄張りの主になるような魔物だ。そしてその見た目は赤い体の熊・・・・・なのだ。
そう、レッドハウンドベアを筆頭にブラックタイラントボアやヘビーロックコングなど俺がレベル上げのために半年間狩り続けていた魔物の殆どがAランクかBランクだったのだ。それはレベルの上がりが早いはずである。

俺が倒せたのは単に銃の性能と遠距離からの狙撃だったお陰だ。普通はあの毛皮に剣が通らずに苦戦するし、獰猛で力が強く、デカイくせに動きが早くて苦戦するそうだ。どれも遠距離狙撃のお陰で難なく倒せているが。


因みに冒険者達のレベルは
Fランクは〜40、Eランクは40台、Dが50台、Cが60台、Bが70台、Aが80台だ。神から貰った本にあった例では商人ですら50台だったが全体的に低いようだ。多分、神から貰った本の情報は古いやつなんだろう。魔族と人間が戦っていた時代よりはレベルが低くても当然だと思う。

聞いたところによるとハイヒューマンなんて滅多にいないそうなので絶対にバレないようにしようと思った。


俺は周囲の盛り上がりになんとなく気まずくなりながら宿に戻り、薬草の勉強に励むことにした。あの本屋がいいところなのか、この世界の本がそうなのかは知らないが絵が付いていたりしてとてもわかりやすい。

この街にいる1ヶ月の間に薬師を名乗れるくらいには知識を身につけて実際に薬を作ってみたりするのが目標だ。




ーーーーside???ーーーー


「何?辺境伯の娘をさらうのに失敗しただと!?」
「はい、そのようです」
「腕が良くて規模が大きい盗賊団だと聞いたから雇うことにしたのに、飛んだ役立たずだ!」
「やはり冒険者にもなれず、闇ギルドにも入れない半端者ではこの程度でしょう」
この僕がわざわざ金を出してやったっていうのに失敗するとはこれだから平民は!
あのうるさい辺境伯を黙らせるのに娘をさらうのが一番なのに。


「チッ!気に食わん!今すぐ盗賊団の生き残りを連れてこい!いたぶってから殺してやる!」
「いえ、それが、、、盗賊団は全滅だそうです」
「何?」
「報告によれば1人も生存者がいないとか」
「騎士団にでもやられたか?討伐隊が組まれたとは聞いていないぞ」
「それが原因がわからないそうです。ですが討伐隊が組まれていないことから魔物にやられたのではとのことです」
魔物ごときにやられるクズだったとは、期待はずれもいいところだ。


「次の策を考える。アイシスに間諜は仕込んであるな?」
「もちろんです」
「まだ何をするかは決めてないが闇ギルドにつなぎをつけておけ。もう盗賊などには任せん。初めから専門家を雇うべきだった」
「しかし闇ギルドが引き受けるでしょうか。あそこは独自のルールがありますから」
「ふん、大金を積んでやれば平民などすぐに言うことを聞く」


誰も僕の邪魔はさせない。僕はこの国でのし上がるんだ!






「【銃】の暗殺者」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く