話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

【銃】の暗殺者

ヨナ





俺はだらっと椅子に座りながら葉巻を吸って空を眺めていた。


「あー、こっちに来てもう10年になるか」

自分の過去を、、、この世界に来た時のことを思い出す。







なんの前触れもなく、前も後ろも上も下も右も左もない真っ白な空間を俺は漂っていた。


「あー?ここどこだろう?んー、あ、明晰夢ってやつか」

俺は自分の最後の記憶がベッドに入った事を思い出し、明晰夢だと結論づけた。変な夢だがこういうこともあるのかもしれない。


『違う、お前は死んだのだ』


その時、脳に響くような声がした。俺は驚いて辺りを見渡すが誰もいない。

「気のせいか?」
『気のせいではない』

突然目の前に杖をついた老人が現れた。

「うわぁ!!ビックリした!誰だよ!」
『私は神だ』
「はぁ?頭がおかし『黙って聞け』っっ!!」

急に金縛りにあったように動けなくなり、喋れなくなった。

『質問なら後で受け付ける。今は黙って聞け、笹田隼人』

神と名乗った老人は俺に言った。体が動かなくてどうにもならないと思った俺はおとなしく話を聞くことにした。それに自称神の口調は命令口調であるのだがその声にはそれがふさわしいと思わせる力があった。


『いいか?まずお前は死んだ。世界に歪みができてそれに巻き込まれて死んだのだ。数百億年に一度あることだ、しょうがないと諦めろ。大事なのはこれからのことだ。
これから私がお前に生き返らせる。だがあの世界ではお前の死は確定しまっているからな、別世界に行くことになる。今回の件は世界の管理者である私のミスでもあるそのためお前の望む能力をなんでも1つだけ付けてやろう。
話は以上だ、質問を許す』

自称神がそう言うと体が動くようになった。


「い、いきなりそんなこと言われても、、、いや、どうしようもねえのか」
『そうだ、どうしようもない。諦めろ』
「、、、わかった。これからの話をしよう」
俺は無理やり自分を納得させて話を進める。感覚的なものだが目の前の老人に逆らってはいけないという気がしているのだ。


「能力をくれると言ったがどんな世界に行くんだ?」
『お前にわかりやすく言うのなら剣と魔法のファンタジー世界だ』
「と、いうことは危険もあるわけか」
『元の世界よりは数倍は危険だろう』
あっさりと頷かれたことに隼人は愕然とするがあることに気がつき表情を一変させる。
「そ、その、能力だが、、、銃と弾丸をなんでも生み出せる能力は出来るのか!?」
『現存するものだけならばいいだろう』
「よっしゃあああああ!!!!」
俺は思わずガッツポーズをする。

俺は重度のガンマニア、銃オタクである。現代日本において実際には触れることが困難なそれに想いを寄せる俺は狂喜乱舞する。死んだことなんてどうでもいいほど嬉しかった。


「能力は銃と銃弾を生み出す能力で頼む!!!」
『ふむ、よかろう。だが無制限ではない。あちらの世界では魔法を使うのに体内にある魔力を消費する、お前の能力も魔力を消費して使えるようにしておく』
「ああ、それでいい!」
制限はついたが念願の銃に俺の心は踊っていた。


「それで向こうに行ったら何をすればいいんだ?あんたの使徒かなんかになるのか?」
『お前がいく世界は既に自立し、私の手から離れている。お前は好きに生きればいい。
能力も決まったことだしもういいだろう。転送するぞ』
「ま、待ってくれ!まだ向こうの世界のことを聞いてない!」
『それでも読めばいい』
神が杖を隼人に向けると辞書のような分厚い本が隼人の腕の中に現れた。
『では、さらばだ』
神がそういうと空間に穴が空き、そこに俺は落ちていった。



「うわぁぁぁぁああああああ!!!!」





目を覚ました俺は辺りを見渡す。周囲は大きな木からなる森のようだ。

「ええ〜、現代日本人にサバイバルスタートはキツイぜぇ、神様よう〜」

俺は空を見上げて嘆いた。






ーーーー神域ではーーーー


『ふん、私が管理する世界で歪みがなど起こるわけがないだろう』

世界の神は見下すように鼻を鳴らした。そう、笹田隼人は世界の歪みに巻き込まれたのではなく神の手によって意図的に世界からつまみ出されたのだ。

『全く、私が管理する世界からあのような魂を持つものが生まれるなど』


隼人は普段は普通の少年であったが時折異常な価値観を見せることがあった。その中でも最たるものが生物としての最大の禁忌である同族殺し、つまりは人殺しを全く忌諱しないのだ。


『まぁ、あの世界に放り込んだのだからもう問題ないな』


隼人が行った世界、神は自立したと言ったが本当のところは神に見放された世界である。何か悪いことをしたわけでもないし、一定の神への信仰もある。結局のところ神が興味を失っただけである。

神は管理者というだけで、善の存在ではないし、慈悲深くもない。ただ見下ろしているだけである。




これから隼人はどうなるのか、、、神のみぞ知るどころか神すらも知らないのであった。






「【銃】の暗殺者」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く