話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

転生しました。本業は、メイドです。

岡パンダ

ー2ー



「お嬢様、メルでございます。」
コンコンとドアをノックし声をかけると、「どうぞ」と返事が返ってきた。あ、これはまだ先生がいるな。
失礼致します、と部屋に入ると予想通り先生がおり帰り支度をしている最中だった。
「お嬢様、昼食のご用意をお持ち致しました。先生、本日もありがとうございました。」
「あぁ、いえ。では、シルヴィア様また明日。」
私は先生にお礼を言ってお辞儀をする。先生はチラっと私の方を見た後、すぐにお嬢様に笑顔を向ける。これはいつもの事だ。
「本日もありがとうございました。明日も宜しくお願い致します。」
お嬢様がおしとやかにお辞儀をして笑顔を向けると先生は満足そうに部屋を出ていった。
「はぁ、疲れた。」
先生が部屋を出ていった瞬間、笑顔を歪ませ大きなため息をつくお嬢様。
「あの人嫌い。メルに冷たいんだもん!!変えてほしい!」
「ふふ、優しいですね。でもそれはできません。それに今回の先生は教え方がお上手だと評判の先生ですよ。いかがでした?」
「むぅ、確かに教え方は上手だけど、、でもぉ、、。」
「今回は何かされたりしておりませんし、何か言われたりもしておりません。ご安心下さい。お嬢様のお気持ちはすごく嬉しいですが、我慢して下さい。」

私は眼帯をしている。隠れていない左目も決して目付きがいいと言えない。真顔だとキツい印象を与えてしまう顔立ちだ。
こんな姿をしているせいか傷物扱いで、よく中傷されたりする。
その為、社交場には基本出席せず、この家で行われるパーティーにも顔は出さない。
グランベール家に迷惑がかかる事はなるべく避けたいのだ。
ゲーム内でもメルは全く社交場へ姿を出さなかった。その理由は家主の外出中に家の中を探る為となるべく目立たなく生活する為だったが、今はそんな事しないので純粋に御家の為である。

そんな感じでひっそりと家にいるものの、お嬢様付きなのでお嬢様のお客様とは顔を会わさない訳にいかず、今回の様な事が起きたりするのだ。
でも今回は冷たい態度をとられるだけなので軽い方で、今までは面と向かって中傷を受けたり、お嬢様のご両親に私を解雇するように直訴したり、普通に突き飛ばされたり、髪ひっぱられたり等々、、さすが乙女ゲーム、見た目だけでこんな苛められ方するんだってくらい苛められた。
まぁ、苛められた次の日にはお嬢様や旦那様がブチ切れて解雇して下さるので続く事はないのだがそれももう今回で四人目。。さすがに解雇し過ぎるのも世間的に良くない。

正直苛められることに対してはなんとも思っていない。前世ではどうかわからないが、今世では生い立ち上そんな生ぬるい生き方はしていないので少しも痛くも痒くも無いし、今の私にとって優先すべきはグランベール家とお嬢様なのでそれに関する事でなければ基本的に興味は無い。


「メル、あなたはわたしの家族なのよ?家族が悪く言われるのは我慢できないわ!もし何かされたらすぐ言ってね!」
「はい、お嬢様。」
くぅ、、お嬢様、可愛すぎます。私を家族と言ってくれる。私、幸せです。私もお嬢様に何かあったら、、、むしろある前にお守りしますね。

「さぁ、昼食に致しましょう。お約束通りシフォンケーキを焼きましたよ。」
「やったー!!」
ふふ、今回もご期待通りペシャンコですよお嬢様。


「お嬢様、最近人前での言葉遣いが一段とお綺麗になられましたね。」
「そうでしょ!!」
料理とカトラリーを並べながら声をかけると、お嬢様が嬉しそうに言った。
「はい、立ち振舞いも様になって来ましたし、もう立派な貴族令嬢ですね。」
お嬢様は本当に覚えがいいので嫌いな教科も嫌いなだけで出来なくは無い。ヒロインってすごい。
「でも、メルと二人の時は今まで通りこのままだからね!!約束でしょ?」
「はい、お嬢様。」
そう、約束。
お嬢様が令嬢としての教育を受け始めた頃、お嬢様は堅苦しい言葉遣いや立ち振舞いの教育をひどく嫌がり駄々をこねた。
それに対し旦那様や奥様、お嬢様のお兄様もお手上げ状態で困り果てていた時、お屋敷に来てメイドのいろはを教わり始める前の私はお嬢様に言ったのだ。
「私がんばってシルヴィア付のメイドになるから、そしたら私と二人の時は普通でいいよ。自然なシルヴィアでいいよ。」
「……わかった。メルががんばるなら、わたしも、がんばる。約束する!」
それからシルヴィアは嫌がりながらもがんばるようになり、
最近ではオンオフの切り替えまで完璧だ。
あぁ、懐かしい。あの頃は前世の記憶なんて無くて任務の事しか頭になかったハズなのになんだかんだでメルに甘いのね私。


「ねぇ!メルも昔みたいな話し方にしようよ!」
お嬢様は、昼食の食器を片付け、デザートと紅茶を用意する私に思い出したように言った。
来てすぐの頃は敬語を使わず普通に話していたが、メイドの教養を身につけてから敬語で接している。
「私は、お嬢様の様に器用ではないのでオンオフを切り替える事は難しいですね。旦那様に失礼な事を言ってしまったら追い出されてしまいます。」
冗談ぽく言うと「それはやだななぁ~」とお嬢様も笑いながら言った。
オンオフが出来ないのもそうだが、只でさえ外見にハンデがあるのだ、他は隅々まで完璧にしなくてはいけない。膨らまない呪いは別として。
それに前世がめちゃくちゃ口が悪かったから、なんか記憶が戻った今普通に話すようになったらまた口が悪くなりそうなんだよね。。
やっかい事はなるべく避けなくては。。
やっかい事はなるべく避けなくては。。

そんな、私の気持ちをよそにお嬢様はシフォンケーキを大きな口で美味しそうに頬張っている。完璧に令嬢としてはアウトだが、私の前だけなのでセーフ。むしろ私的には可愛いからホームランだ。
「メル~今日のシフォンケーキも最高に美味しいよ!次はパンケーキにしてね!」

「………はい、お嬢様。」

お嬢様、また膨らむ系のリクエストありがとうございます。
そのニヤニヤ顔、ご期待を裏切れるよう全力でがんばりますね。

「転生しました。本業は、メイドです。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • YAKO

    はじめまして。今回はじめて読ませていただきました。とっても、楽しくサクサク読んでしまいました。……私もメルさんが欲しいです。

    0
コメントを書く