魔法世界の例外術者《フェイク・マジック》 - 魔力とは無力である -

風見鳩

夏休みといえば:プール1 

 それから何日か経った後の夕方ごろ。

「はい、ケンジくん! マジックデバイスでテレパシー通信ができるようにしておいたよ!」
「おお……」

 笑顔でデバイスを渡す三縁に、俺はよくわからずただ返事をするしかできなかった。

「試しに私にかけてみるか。えーっとね、このアイコンをタップして番号を入力するんだけど……」

 と、三縁がすいすいと使って俺に説明していく。
 図書館の日以来、三縁はコンピュータに張り付いたままで、色々いじっていたのは知っていたが……何かすごいものを作ってしまったらしい。

「で、これが私のテレパシー番号ね。じゃあいくよ!」
「お、おう」

 えーっと、このボタンを押せばいいんだっけ?
 と俺が押してみると、マジックデバイス越しから

『やっほー!』

 という三縁の元気な声が聞こえる。
 ちらりと隣を見てみるが、三縁は一切口を開いておらず、依然とニコニコしているだけだ。

『ケンジくんは声を出さないといけないからね』
「お、おう」
『あと、その状態のまま話されても声が小さいし、私の声も少し聞こえにくいでしょ? マジックデバイスの上の部分にスピーカー、下の部分にマイクがあるから上の部分は片耳につけて、それでそのまま下半分は口元に寄せて……』
「こ、こうか?」

 俺が言われた通りにできているのかわからないが、まあ言われた通りにやると、耳からさっきより大きな三縁の声が聞こえる。

『うん、オッケー! 成功したみたいだね!』

 と、三縁が俺に無言でウインクする。

『じゃあ切ってみて。確かアイコンで切るボタンがあるから』

 三縁の言われた通りにそれらしきボタンを押してみると、通信は切れた。

「うん、完璧!」

 通信が切れたのを確認した三縁がニコッと笑う。

「三縁……お前、凄いな」

 俺が正直な感想を言うと、三縁はキョトンとする。

「え? いや、デバイス自体にスピーカーとかマイクは最初から搭載されてたし、元々あのソフトにアプリの完成形が作られてたから、それをインストールさせただけ。簡単な事だよ?」
「いや、簡単な事って……」

 俺には全くわけがわからないぞ。
 独自に学習して使いこなせる所が三縁の凄い所だな、と思う。

「さあ、テストプレイが済んだ事だし、実践をしてみよっか!」
「実践……?」

 俺が首を捻ると、三縁はコクリと頷く。

「はい、じゃあこの番号に通信よろしく!」

 三縁がサラサラと番号を書いていく。

「えっ、お、おう……」

 俺は特に考えず、言われるがままに番号を入力して発信ボタンを押す。

「ところでこれ、誰に繋がるんだ?」

 という俺の疑問に、三縁はニッと笑って口を開く。

「千恵子っち」
『――もしもし』

 三縁が答えたのと同時に聞き覚えがある声が耳に入ってくる。

「え、ちょっ……」
『……? 失礼ですが、どちら様?』

 慌てふためく俺に豊岸が疑問符を浮かべている。
 と、とりあえず、なんか言わないと。

「えっと、俺だ。志野ケンジ」
 プツッ。

 名を名乗った途端、通信が切れた。

「……切れたぞ?」
「あー……」

 俺がとりあえずと言った形で報告すると、三縁は微妙な返事をする。

「千恵子っちだから仕方ないな……。じゃ、もっかいかけてみて」
「…………」

 俺は何が言いたかったが、それより豊岸に切られたのが若干ムカついたので、言われた通りに掛け直す。

『――もしもし』

 と、再び豊岸の声が聞こえてくる。

「俺だ、志野ケンジだ」
『失礼ですが、どちら様?』
「志野だ! 志野ケンジ! お前のクラスメイトの!」
『あぁ、なんだ、志野くんか。きちんと言ってくれないとわからないじゃない』
「さっきからそう言ってるだろうが……」

 俺が呆れた声で言うと、豊岸がフッと笑う声がスピーカー越しに聞こえる。

『あら、そうだったかしら? ごめんなさいね、私どうでもいい事は忘れる主義なの』
「お前の頭はトリ頭か」
『頭がすっからかんな志野くんには言われたくないわ』

 本日も豊岸の毒舌は稼働中みたいだ。

『というか、どうやって私と通話してるの? 貴方、テレパシー出来ないでしょう?』
「それは置いといて。えーと、三縁、要件はなんだ?」
「やっほー千恵子っち! 元気してるー?」

 と、三縁がずいっと近づく。

『あら、三縁さん。ご機嫌よう』
「久しぶり! そっちはどう?」
『特にこれといったことはないわね。田舎町だし』
「そっかそっか。ところでさ、千恵子っち。今すぐこっちに来れる?」
『今すぐ? いや、まあ親には言えば大丈夫だけど、今すぐはちょっと無理があるわね……』

 豊岸は少し困ったような声を出す。
 俺もそれに同意だ。というか、何で今すぐなんだ?

「あ、行けるんなら大丈夫だよ。とりあえず急いで着替えとか荷物まとめといてね」
『え? それってどういう――』
「詳しくは優梨っちが説明してくれるから!」
『ちょ、三縁さんっ。待って、どういうこと――』
「じゃ、またねー!」

 豊岸がよくわかってない内に、三縁は勝手に通信を切る。

「お前、酷いな……」
「ん?」

 少し豊岸に同情する俺に、三縁はいやいやという風に手を横に振る。

「だって千恵子っちだよ? 何かと否定してきそうだからあれがベストなんだよ」
「あー……」

 なんとなくわかる気がする。豊岸には強引なのがいいかもしれないっていうのは、俺も常々感じている。
 ……というか、俺も詳細を知らないんだが。何、どっかに行くの?

「さて、千恵子っちのOKは取ったね。それじゃ次は、はいっ」

 と、また手渡される番号が書いてある紙。

「今度は誰だ?」
「優梨っち」
『はいっ、どちら様ですか?』

 発信ボタンを押して間もなく、聞きなれた声がスピーカーから聞こえてきた。
 なるほど、優梨か。それなら豊岸より話しやすい。
 俺はさっきと同様、名を名乗るところから始める。

「俺だ。し――」
『ケ、ケケケケンジくん!? ほ、本物ですか!?』
「…………」

 すげえ。
 まだ名乗ってないのに、声だけで当てやがった。
 なんだ、俺の声ってそんなに特徴的なのか?

「あー、まあ、何て言えばいいんだ……。えっと、本物だぞ」
『わ、わあっ! ケンジくん! 本物のケンジくんです! 握手してもいいですか!?』
「お前の中で俺はどういう認識になってるんだ……」

 ヒーローショーの戦隊ものか何かか。

『ということはケンジくんと初通話ですね! なんだか新鮮です!』
「そ、そうか……?」

 というか、テンション高いな優梨。何でそんなに元気なんだ? いや、俺のすぐ隣の子も元気の塊みたいな子だけどさ。

「はいはーい、失礼するよ。やっほー優梨っち!」
『あっ、三縁ちゃん! やっほーです!』

 話が進まないことにれったくなったのか、三縁が割って入ってくる。

「千恵子っちの件だけどさ。OK取れたから、お願い!」
『あ、わかりました! じゃあ今から迎えに行きますね!』
「じゃあ報告は以上で! またねー!」

 と、三縁は通話を切る。

「ところで、さっきから何の話をしてるんだお前ら?」
「まあそれは後で話すとして。次の人、いってみよう!」

 と、三縁は再び番号を教えてくる。
 うーん、とりあえず話してくれるみたいだし、まあいいか。どうせこれも知人の番号だろう。
 発信ボタンを押すと、間もなくして聞き覚えがある声が聞こえる。

『もしもし、どうかしたかケンジ?』
 プツッ。

 そんな暑苦しい声が聞こえた途端、気が付くと俺は反射的に通話を切っていた。

「だめじゃねえか三縁。知らない人にかけさせちゃ」
「えっ、いや、うーん」

 俺が叱るように言うと、三縁は曖昧に返事をして微笑む。
 と、かかってくる通話。

「はい?」
『ケンジ、いきなり切るなんて酷いではないか!』

 仕方なく出てみると、声の主である大崎シュウの少し泣きそうな声が聞こえてくる。

「いや、何の用だよお前。何もないなら切るぞ」
『自分から掛けておいて、それは酷いのではないか!?』

 いや、別に俺は特に用事なんてないし。ぶっちゃけどうでもいい。

「っていうかなんで俺からだってわかったんだよ」

 テレパシー能力でもついているのか、気持ち悪い。

『それはだな。“ケンジくんから電話が来た”と、さっき優梨くんから連絡と番号がきたからであって』
「個人情報が流出されている!?」

 とりあえず、今の俺の目的は優梨の暴走を止めることなのではないのだろうか……。

『……と、話すことがないなら僕から話すことがあるのだが、いいか?』
「お好きにどうぞ……」

 どうせ拒否しても面倒になるので、俺は適当に返事をする。

『実はだな、今ロンドンにいるのだが、それはそれは日本とは違った風景がなかなか』
「じゃあな」

 割とどうでもよさそうな話だったので、俺は即座に切った。

「っていうかシュウに掛けた理由はあったのか?」
「特にないよー!」
「そうですか……」

 なら、別にどうでもいいか。

「とりあえず、テレパシー通信の方に問題はないみたいだね」
「……そうだな」

 何せロンドンにいるシュウにすら通じた。特にこれといった問題はないみたいだろう。

「さて、テストプレイも済んだことだし……そろそろ夕飯にしましょうか!」
「おっ、今日は何にするんだ?」
「えっとねえ……ん? ケンジくん、誰か忘れてない?」
「え?」

 と、唐突に三縁に言われ、俺の目が点になる。

「ほら、もう一人掛けるべき相手がいなかったっけ?」
「掛けるべき相手? ……いや、俺自身なんでみんなに掛けたのか、よくわからないし……」

 掛ける要素がないと言ってもいい。
 そんな俺を見て、三縁ははぁと小さなため息をつく。……? 何か間違ったことを言ったのだろうか?
 と、それが合図かのようにデバイスから着信がかかってくる。
 表示されている番号を見る限り、まだ掛けたことない人物のようだ。一体、誰だろうか。
 俺は少し疑問に思いながらも通話ボタンを押してみる。

『私のことを忘れてんじゃないわよっ!』

 途端にそんな金切り声がスピーカーから聞こえ、思わず耳から遠ざける。
 ……というか、今の声。

「あ、京香か。どうしたんだ?」
『どうしたんだ、じゃないわよ! なんで他の人には掛けて、私には掛けないのよ!』

 と、通話の主、京香はかなり怒っているようで、声に怒りを感じる。

『三縁、千恵子、優梨、シュウ……そこまで掛けたのならば、私にも掛けるべきでしょうがっ!』
「いや、掛けるべきでしょうがって……」

 別に俺から掛けたわけじゃないんだけどな。

「京香っちはもっと積極的に攻めないとねー」

 と、その隣で三縁がニコニコしている。……攻めるって、なんのことだろう?

「もう少しぐいぐい攻めないと他の人に盗られちゃうよ、京香っち?」
『え? 盗られる? 何が?』

 と、京香もよくわかっていないらしく、疑問形で三縁に聞く。
 その反応が予想外だったのか、三縁は少し驚いた顔をする。

「……京香っち、ケンジくんが他の女の子とイチャイチャするのは?」
『えっ、別にいいんじゃない? というか、今まさにそんな状況じゃない』
「……なるほど、これは複雑そうだ」
『……?』

 京香の答えに三縁はうーんと唸る。……いったい、何の話をしているのだろうか?

「まあいいか。それより、京香っち、明日の日程をケンジくんに発表を!」
「明日の日程?」

 三縁の言葉に、俺は首を捻る。
 明日何かするつもりなのだろうかと疑問に思っていると、京香から驚いた声が聞こえる。

『えっ、まだケンジに言ってなかったの?』
「……言ってなかったもなにも、今初耳なんだが」
「なので、京香っちから発表をどうぞ!」
『……はあ。別に私が言わなくてもいいことだけど……まあいいか』

 と、『ケンジっ』と京香が俺を呼びかけてから、明日の日程を俺に告げる。

『明日、プールに行くわよ』

「魔法世界の例外術者《フェイク・マジック》 - 魔力とは無力である -」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く