勇者な俺は魔族な件

風見鳩

エピローグ 『アズマ』

「あ、アズマ様。一つ訊きたいことが」
「ん? なんだ?」

 揺れる荷台の中、次の目的地を目指しているとシーナがふと質問してくる。

「その、最初の時に、何で自分の名前を言うのをためらったんですか?」
「…………」

 そんなこと、よく覚えていたな……忘れてくれたっていいじゃねえか。

「いや……別にいいじゃねえか、そんなこ──」
「気になります」
「でも、そんなこと訊いたってなんも──」
「気になります」
「…………」

 どうしても知りたいのか、こいつは。
 はあ、とため息をつき、仕方なく説明してやることにする。

「……笑うなよ?」


 * * *


「……ぷっ」

 俺の下の名前を聞いた途端、あいつは吹き出して、座っている椅子から転げ落ちそうな勢いで笑い出す。

「あ、あはははは! あ、梓真あずまって……まるで『あずま』って苗字みたいな名前じゃないかっ……! しかも、なんか可愛らしい名前だしっ……!」
「……可愛らしくて悪かったな」

 腹を抱える目の前の友人にぶっきらぼうに答える。

「で、苗字は『蒼井あおい』? 上と下をひっくり返しても違和感のなさそうな名前なんだね」

 更に「こっちでも女の子みたいな名前になるけどね」などと付け足し、俺はそっぽを向く。

「おっと、ごめんごめん。気を悪くしないでくれたまえ。ここは変な名前同士ってことで」
「……自分で変って言うのか」
「君だって、自分で変だと思っているだろう?」

 あいつ──聖帝院キリスは俺に笑みを浮かべる。

「まあな……キリスって外国人かよって名前だしな」
「ん? んー……まあ、外国とか、そんな感じなんだけどね」

 と、何故かはぐらかすように答える聖帝院。わけがわからない。

「で、なんの話だっけ」
「……お前が俺を下の名前で呼びたいって話だ」
「ああ、そうだった」

 聖帝院はポンッと手を打つ。

「で、どうする? 梓真が嫌なら、今まで通りに蒼井でもいいんだよ?」
「正直、苗字で呼ばれるのも嫌だ。でも、友人でもなんでもない奴らに名前で呼ばれなくない」
「わがままだなあ、君は」

 と言いつつも、決してうんざりするような顔をしない聖帝院。

「まあ、その気持ちはわかるよ。私も認めた友人以外に名前を呼ばれるのは嫌だ」
「…………」
「だからこそ、君を友人の証として真名で呼びたいし、私のことも真名で呼んで欲しいんだ」
「……ふふっ。真名って、大袈裟すぎだろ」

 聖帝院の言葉に、今度は俺が思わず吹き出してしまう番だった。

 だがまあ、初めての友人の第一歩としては妥当なところだろう。

 俺は目の前の友人──キリスを見ると、彼女もニッコリと俺を見ていた。


「これからよろしく梓真」
「ああ、よろしくなキリス」


 * * *


 俺が話し終わると、さっきまで黙っていたシーナが「ぷっ」と吹き出す。

「なるほど、確かに可愛い名前ですね」
「~~~!」

 ああ、だから言いたくなかったのだ。絶対、こんな反応すると予想していたから。

「あっ、そういえば『マ』がつく名前は魔族の『魔』を連想させるので、縁起が悪いと聞いたことが」
「そ、そうなのか……」

 黒髪黒目の黒鎧にマがつく名前。

 この世界の人からしたら、俺の第一印象は最悪だろうな……。

「……でも、いい名前ですね」

 表情を暗くする俺の手をシーナがぎゅっと握る。
 その自然な動作に、思わずドキリと胸が高鳴った。

「ところで、アズマ様」
「……あのさシーナ。『様』はやめてくれないか? なんかよそよそしいというか、さ」

 なぜだろう。
 『友人など必要ない』という信念を持っているはずの自分なのに。

 目の前にいる少女との距離を縮めようとする自分がいた。

 シーナは驚いたように目を丸くしたが、やがて満面の笑みを返す。

「じゃあ、アズマくんで!」
「……ああ、それでいいか」

 『くん』付けか。

 懐かしい呼ばれ方だな。

「ところで、アズマくん。これからどうするんですか?」
「あー……そうだな、とりあえず世界を救ってみようと思う」

 と、我ながら大それたことを軽く言ってみる。

「と言っても、全く手がかりがありゃしねえ。お前の友人は何も言ってなかったのか?」
「すみません、特に何も……」

 とシーナは申し訳なさそうに声をすぼめる。
 なんだ、その友人とやらは本当に世界を救って欲しいのか?

「ただ、その……アズマくんは私の友人が連れてきたのですから、絶対に世界を救えるんだと思うんです」
「世界を救う……ねえ」

 世界を救う勇者。

 しかしシーナも知っての通り、俺は敵対される魔族であって……俺は勇者なんかになれない存在なのだ。
 だから、本当に俺が救世主なのだろうか、自分でも不安に思う。

 不安が募っている中、俺の中で何かが囁く。

 ──諦めるのか? と。
 ──勇者になれるか否かは、俺自身が試されているのではないのか? と。

「……ふ、ふふふふ」

 自然と笑みが溢れる。
 なるほどな、つまりこれは俺への挑戦状か。

「勇者か……ふふふ……」
「ア、アズマくん……?」

 いきなり笑い出した俺を不気味がるシーナだが、特に気にしない。

「いいだろう」

 見えない敵にまるで宣戦布告するように、はっきりと告げる。

「──なってやるよ勇者に」

 黒髪黒目の黒鎧だから、なんだ。
 名前に『マ』が入るから、なんだ。
 人族の敵だから、なんだ。

 それが勇者になれない条件などではない。

 だから例えどんな立場になろうと、勇者になれるはずなのだ。
 だったら、どんな手を使ってでもなってみせようじゃねえか。

 ──憧れの『勇者』に。

「アズマくん……だ、大丈夫ですか?」
「ああ、なんでもない。ところで、シーナはどうするんだ?」

 今後の方針が決まったので、シーナの旅の目的を訊いてみる。

「私は……冒険者になって、しばらくはアズマくんと一緒にいようと……思います」

 と、返ってくる若干自身なさげのシーナの回答。

 そういえば冒険者はシーナの憧れなんだっけか。

「俺と一緒にいるってことは、大変な目にあうかもしれないぞ?」
「それも承知しています!」
「ふっふっふ、お前のその姿勢、気に入った。これからよろしくなシーナ」
「はい! こちらこそよろしくお願いしますアズマくん!」


  ★ ☆ ★


「ふふ……今頃どうしているかな、彼……」

 九月一日、朝六時。

 一人の女子高生が独り言を呟きながら、教室で文庫本を読んでいた。

 この世に存在しないような、綺麗な白髪のボブカットに顔立ちの整った少女。
 やや明るめの灰色の目は既に文字を追いかけ終えていた。

 開いていた本をパタリと閉じると、少女はコンクリート製の蛍光灯がついている天井を見上げる。

「まあ見事にあのゲームを全クリした彼の才能なら、全く心配ないけどね」

 彼女は知っていた。

 容姿端麗の完璧超人で、一学期をほぼ休んでいた有名なクラスメイト。

 そのクラスメイトが『行方不明』として、始業式に来ないことを。
 その完璧超人の唯一の友人──聖帝院キリスは誰かへ語りかけるように、言葉を続けていく。

「さあ世界を救ってくれたまえ私が選んだ逸材、梓真……!」

「勇者な俺は魔族な件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く