話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

恋愛サバイバル〜卒業率3%の名門校〜

うみたけ

第1話 プロローグ


「ねぇねぇ、私、大きくなったらタッくんのお嫁さんになってあげるね」

小さな少女は元気な声で男の子に笑顔を向ける。
子供のころの結婚の約束――仲の良い幼少の男女ならそれほど珍しいやり取りではない。
むしろ、ありふれている出来事と言っても過言ではない。
しかし、この二人に関しては…

「いや、遠慮しておく」

男の子は部屋に転がっていたサッカーボールをいじくりまわしながら素っ気なく答える。
その表情は平静そのもので、幼少の男子特有の照れ隠しで拒否しているわけではない。

「え~!なんで~いいじゃん!結婚しようよ~」

少女は頬を膨らませながら少年に詰め寄る。

「いや、だって、ここで勢いのままに約束しても、将来お互いに結婚したいと思ってるかわからねぇじゃん。俺そこまで責任持てねぇし」

少年は幼稚園児とは思えない冷静で現実的な意見を淡々と少女に語る。

「私は大人になってもタッくんのこと好きだもん!!」
「お前は好きでも俺は好きじゃないかもしれん」
「えー!?…もしかして、たっくん……私のこと嫌いなの…?」
「いや、嫌いじゃないけど、結婚したい程好きかと言われると、そうでもない」
「う~…」

少年に容赦なくバッサリと切られて、少女は涙目で唸る。
しかし、しばらくしてすくっと立ち上がった。

「よし、決めた!私、絶対たっくんと結婚する!!」
「いや、だから…」
「絶対に大人になるまでにたっくんのことメロメロにしてみせる!!」

少女はヤル気に満ちた表情で高らかに宣言する。

「普通に結婚の約束しといた方が良かったかも…」

そんな少女を見て、少年は静かに嘆いた。

「恋愛サバイバル〜卒業率3%の名門校〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

  • seabolt

    幼心の思いからスタート、気になります

    2
コメントを書く