新しい世界で今度こそ幸せをつかみたい

ゆたぽん

27話

朝ギルドでラビさんの登録を済ませ、体の一部に見えるように印をつけて下さいと言われた。
基本魔物は衣類やアクセサリーをつけたりしないので、何かしら身につけているとティムしていると認識されやすいとの事。

それにティムされていると眼の色も変わりますからとも言われた。

ジーっとラビさんの眼を見るととても可愛い…。ではなく、淡いブルーの瞳だった。

本来魔物の眼は赤く、強いほど黒に近い色になるそうだ。そしてティムされた魔物は、主人の眼と近い色になる事が多いとの事。

それは魔物だけなので、人には関係ないのだが、一部特に人族では赤や黒は不吉と言われ、迫害を受けているそうだ。

魔族や獣人族に関しても同じことが言えるそうだが、どちらかと言うと、力が物を言うお国柄の為、人族程ではないとの事。

ラビさんを討伐されても困る為、ラビさんの角にリボンを結んでみた。
ラビさんをティムした後も何故か、角は黒いまで、ナビさんの話だと魔素が染み付いてしまったんだろとの事。
特に身体には影響がないとの為、そのままで様子を見る事にした。

《マスター、わたし、まものじゃない?じゅうまになった!ナビいる!マスターいる!たのしい!》

昨日より聞こえやすく話しかけてくるのは、ラビさんであり、とても楽しそうだ。
ナビさんの話だと進化していけばもっとスムーズに話せるとの事。

当面は依頼をこなしながら、ラビさんのレベル上げと進化を行なっていこうとの事。
ラビさんもやる気なので、ナビさんから私が魔物を少しずつ弱らせてトドメをラビさんにしてもらうのが効率が良いとの事。

同じパーティーでもトドメを刺した方が多く経験値が入るのだと言う。
ジワジワ弱らせてくるのは苦手とナビさんに言うと、

「ノー、マスターは日頃から一撃で仕留めますが、今後は依頼の中にも捕獲依頼も入ってきます。力のコントロールをつける良い機会です。今後のためにもラビと協力し乗り越えて下さい。」

と言われたので、魔物を狩にガロンの森に向かった。
今まで、狩をする時、地面を削らないように魔物を宙に浮かせ攻撃をしたり、一瞬で近寄り首を落としたりと時間をかけず狩をしていた。
ナビさんよりその場でゆっくり戦う事に慣れて下さいとの事。
今までは周りに注意しながら狩をしていたが、今後のことを考えると、他の人に見られても違和感のない戦い方をしなければならないとの事。

それに私のスピードにラビさんがついていけないので、ラビさんに合わせた狩をして下さいとの事。

どうやら私自身のレベルが高すぎて経験値がほぼ入らないそうだ。
そのため、ラビさんがトドメを刺すことは必須条件だとの事。

そのため、昨日少しだけガロンの森に奥で狩をしたが、私がトドメを刺していたので、ラビさんには経験値が入っていなかった。

ナビさんの話だと進化は、亜種又は上位、超上位、となって進化する事になっており、稀に派生として希少種が誕生するとの事。

亜種又は上位はランクはB程、超上位はランクに幅があり、A〜SSとなっており、希少種はランクSSSだそうだ。
漆黒の谷のダンジョンにいる魔物は、ほぼ希少種のSSSランクだそうで、氾濫したらあの地域は壊滅的被害を受けるそうだ。

ただし、魔物はある一定の範囲からは出ないようになっており、世界が、壊滅することはないとの事。

そんな事をナビさんと話しながら、ガロンの森に着いた。
朝も早いため冒険者の気配はないのでラビさんを影から出し、討伐を始めた。

初めは私が攻撃してしまうと一撃で終わってしまうため、私は捕縛や状態異常を使いラビさんに討伐してもらった。

初めはラビさんの攻撃が上手く入らず苦戦してしまったが、ラビさんに身体強化を施し角を使い攻撃してもらう事で、徐々に討伐数が増えた。

ティムした従魔が討伐すると、必然的に主人の討伐数もカウントされるそうだ。
仮に従魔が瀕死になってしまった場合は主人の影に戻り主人が死亡しない限り死ぬことはないとの事。

そのため、ティムした従魔を狩に出しといて経験値を稼ぐ主人もいるそうだが、従魔が瀕死になると主人のMPを使い回復するので、主人が瀕死になってしまうケースもあるそうだ。

まぁその点は、マスターのMPは多いので問題はないですと言われた。
そんなわけで、捕縛、状態異常、身体強化、回復等、補佐をしながらラビさんのレベルを朝から上げ続け、夕方まで行っていると、進化出来るとこまでレベルが上がった。

初めこそ、指示を出しながら討伐していたが、最後の方はラビさん自身が判断して討伐するようになっていた。

そして、進化するのは影の中で1日過ごせば進化出来るというので、宿に帰る事にした。

帰ろうとラビさんに言うと、流石に疲れたのか直ぐに影の中入っていった。

一気に上げすぎたのかと心配になったが、ナビさんの話だと早くマスターと共に戦いたいと言っていたので大丈夫との事。

そのまま影の中で進化するので、明日は1日休み、マッタリする事にした。

名前 ラビ
性別 女
種族 ホーンラビット
レベル 20/20(進化中 残り23時59分)
ランク G
年齢 0歳
HP 59/59
MP 38/38
固定スキル
なし
スキル
一撃必殺 危険回避 1 俊足 1 状態異常耐性 1 
加護
なし
契約者
カミーユ

「新しい世界で今度こそ幸せをつかみたい」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く