新しい世界で今度こそ幸せをつかみたい

ゆたぽん

15話

私はトロイ伯爵の領地で活動したくなかったので、街道を移動しながら情報を集め、帝国からも離れたガロンと言う街に着いた。
初めは帝国の首都に向かおうかと思ったが、図書館に入るにも資格が必要で、爵位があれば手続きをした上で入れるが、何も資格がない人物は入る事が難しいらしい。
ただ、例外があり、高ランクの冒険者は色々と優遇されると分かったのだ。
いきなり高ランクの冒険者になるのは目を付けられてしまう恐れもある為、先ずはゆっくりランクを上げて、首都に向かおうと考えた。
幸い私は人族?になっている為、寿命が延びているので時間がたっぷりある。
確実に復讐するためにも知識が必要な分、焦りは禁物と考えた。
結果、道行く人の話から、近くには低級ダンジョンがあり、それなりに栄えていたが、高ランクの冒険者が居ないとの理由でガロンに到着したのである。
街に入るのに検問があり並んでるいると順番が回ってきた。

「次の人…。!」

門番から声を掛けられ前に出たが、私の顔を見てピシッと固まってしまった。
首を傾げながら

「…通っても良いのですか?」

と、話すとハッとした様子で、

「あぁ、何処から来たかと、この水晶に触ってくれるか?」

と、言われたため、あらかじめ考えておいたセリフを言う。

「村の出なのだが、なにぶん名前もない村だったので…。祝福を受けに何人かで向かってきのですが、途中魔物に襲われてしまいバラバラになってしまったのです。逃げ回ってきたのでここが何処かもわからないぐらいなんです。」

と、悲しそうな表情(実際は無表情)で説明をすると、

「お、おう。苦労したんだな。(綺麗な顔してるけど、ピクリとも表情が動かないやつだな)それなら仮証明として1万ゼル、ちと高いが、ギルドに入れば返してもらえるから安心しな!そんでこの水晶は犯罪歴を見るやつだから、もし犯罪歴があれば街に入る前に詰所で話を聞く事になってんだ。」

と、説明され水晶に触れると青く光り、

「青いから犯罪歴はないな。あると赤く光るようになってんだ。後は金をもらって…。よし!金額もあってるから入っていいぞ!それと、これが仮証明になるから期限が1週間だから気をつけろよ。ようこそガロンへ!」

お金を皮袋から出して渡した後、仮証明をもらい街に入った。
私は上手くいったなぁ〜とニコニコ(やっぱり無表情)しながら、先ずはその足で教会へ向かったのであった。

後ろでは門番が、

「スッゲー美人だったけど、あれは男なんだか女なんだかわからねぇな。エルフじゃないみたいだし。でも、あんだけ美人なら少し微笑まれただけでドキドキしちまうぜ。」

と、ボヤいていた事に気付かなかった。私の体系はどんなに頑張って鍛えても筋肉はゴリゴリにならず、細マッチョ。
身長も男性だと少し低いけど、女性だと少し大きい170センチ程だったため、見た目では性別が分かりづらかった。
そして顔は目鼻立ちのはっきりした整った顔をしており、長い白髪は長く腰ほどまであり、1つにまとめていた。
服もゆったりとしていたこともあり、体系がわからないと言うのもあるが、声も高すぎず低すぎずといった感じで、さらにミステリアスになっていたのである。

「新しい世界で今度こそ幸せをつかみたい」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く