新しい世界で今度こそ幸せをつかみたい

ゆたぽん

2話

ゆ〜らゆ〜ら、ポカポカあったかいなあ〜。ずっと寝ていたい感じ〜。

「…※で、…だし※…※働いて…※たら…。」

(ん、ん〜?なんか声聞こえるけど、何語かわからない!英語?少なくとも日本語じゃないわ…。あっ、でも良く聴くとわかるかも…。)

「だから、何故君が私の子を妊娠してると言うんだい?」

(⁈なんか修羅場?えっ?あったかいな家庭に生まれるんじゃないの⁈それとも、あえて辛い環境にしてあったかい家庭を作れと言うことなのかな?)

神様は私になんのスキルを付けるか考えていて、生まれてくる場所のことを一切考えていなかったが、私は無事に生まれれば良いや〜としか考えてなかったのである。

「ですから、私はお部屋を掃除ていて、酔った旦那様がお帰りの際そのままベッドに連れ込んだのではないですか!ただ、働いていただけで、奉公が終わったら田舎で結婚する予定だったのに…泣」

「そんなことは私は知らない!本当に私の子なのか?…まだ魔力がはっきりしないが私のと似ているか?まだ小さくてはっきりしないから私の血縁とは言えないだろう!…もし、万が一私の子であり男子ならここにいても良い!息子の影武者として使えるからな…。女ならば金をやるから出て行け!わかったな!」

「そ、そんな…。あんまりです、旦那様…泣」

「ふん!とりあえず生活は保証してやるから明日から離れに住むが良い!せいぜい男子が生まれる事を祈るんだな!」

バタバタ、バッタン!扉が閉まる音がした。母親からはしばらく泣き声がしたが、落ち着いたのか。

「仕方ないわ、とりあえずこの子を無事に産まないとね!…無事に生まれて欲しいけど、男子と女子どっちかしら?出来れば男子に生まれてくれればこの子が飢えることはないんだけど…。」

(…生まれる前からこれかぁ。先が思いやられるけど、今の私の状態ってどうしたらわかるのかしら?ステータス?って、え⁈)

ステータス
名前 未定
性別 未定
種族 人族
レベル 0
年齢 0歳
HP 1
MP 1
固定スキル
性転換 隠蔽(神様クラスじゃないと見れないわ!) 全言語習得
スキル
回復魔法 1 生活魔法 1 マジック空間 1 状態異常耐性 1 スキル・経験値倍加(このスキルは上がりません) ※※※
加護
時空の女神 

p.s時空の女神より詳しく見たければ見たい項目を意識すれば見れるわ!

…多分生まれる前からこのスキルはおかしい気がする汗。せっかく詳しく見れると言うなら、気になるのは…。

性転換 MPを半分消費し男女変更できる。一度使うと体の負担が大きいため一年間使えない。

隠蔽 隠したい項目を隠すことが出来る。本来ならレベルがあるが、この隠蔽は特別。神クラスでないと打破出来ない。

マジック空間 MPにより空間を作り出し入ることが出来る。ものに付加すればマジックバックを作ることが出来る。空間内は外部の干渉を一切遮断する。(凄いでしょ!私の加護がないとできないのよ!)

スキル・経験値倍加 経験値を多くもらうことが出来る。スキルを覚えやすくなる。パーティーにも効果あるが、望まなければ効果を切ることも出来る。パーティーは申請し受理されるか申請を受理されるかで作ることが出来る。

※※※ 今は見れません。

時空の女神 時空を司る女神の加護。(ありがたいでしょ!)

(…、大体はわかったけど、※※※がなんなのかな?それがなくてもヤバイかも?とりあえず、隠蔽を使用して、性転換は一年使えないんだから、良く考えてから使わないと…。ん?今の私のHP もMP 1 だけど、使えるのかな?)
 
HP 0になると仮死状態となり、放置されると死亡する。

MP 0になると魔力欠乏状態となり放置されると死亡する。

(…⁈今のままじゃ使えないって事じゃない⁈MPってどうしたら上がるんだろう?HPもこのままじゃヤバいよね汗。)

うーんと考えているところに母親の声がしてきた。

「ふう…。いきなり離れに住めと言われて荷物持ってきたけど、どうしようかしら?台所はあるからご飯は作れそうだけど、食材が…。あれ?置いてあるわ!ん?手紙?旦那様からだわ!子供が生まれるまでは食材は提供する。後3ヶ月もすれば魔力もはっきりわかるだろうから、しっかり食べでおけ!って…、栄養とってちゃんと産まないとね!お母さん頑張るわ!」
 

ゆらゆら揺れながら、ポカポカとした暖かい何かに包まれている感じがした。その時!

ピロン!魔力感知を覚えました。

(えっ⁈魔力感知!ってスキル覚えるの早くない⁈あっ、でも感知するのを覚えたんなら少しMP上がったかな?ステータス!)

ステータス
名前 未定
性別 未定
種族 人族
レベル 0
年齢 0歳
HP 1
MP 1

(…そこまで甘くないかぁ…。でも、MPってどうしたら上がるんだろう?)

MP レベルが上がると増える。(瞑想して上がることもあるわよ!でも幼い時からやるのは命の危険があるからやらない方が良いわ!)

(たまに女神様の説明?入るけどわかりやすいから良いや。さて、命の危険が、あるなら瞑想は出来ないし、どうしよかな?このままだと性別変えれないし、何にも出来ないけど、経験値は欲しいよね?…経験値?そしたらお母さんとパーティー組めば少しずつ入るんじゃ?あっ、申請した時点で色々バレるや…。)

色々考えているとある意味救世主が近づいてきた!

「新しい世界で今度こそ幸せをつかみたい」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く