幻談の魔導士 〜アヤカシ喰らうは、畏怖負うものなり〜  
ファンタジー

連載中:4話

更新日:

幻談の魔導士 〜アヤカシ喰らうは、畏怖負うものなり〜  

  • あらすじ

     この世界には多くの不可思議な物事がある。
     それの多くは化学では説明の利かない。言うなれば超常現象と言ってもいい。
     それ故か人は存在そのものを否定することも少なくない。
     科学の進歩で生まれ育った我々だ、科学に預かり知らん自称にはひどく疎く、疑り深い。
     が、確かに存在するソレは今も世界のどこかで静かに息を潜めているだけ。
     存在を隠しているだけだ。
     標的となるる相手が目前に現れたとき、奴らは動き始め、我々の平穏は崩れてしまう。
     ソレが起きないでいるのはソレを必死に収めている人間がいるからだ。
     
     死迷骸。死人。アンデット。呼び方は様々だが、もちろん奴らもソレの一種だ。
     しかし、世を闊歩する異形はなにもアンデットだけではない。
     
     生命体が生命を失ったにもかかわらず活動をする超常的な存在
     「アンデット」
     
     憑依、たたり、人間に害を加える死霊
     「悪霊」
     
     地上に災いをもたらす原因である冥界の住人
     「悪魔」
     
     信仰の副産物であり、道理では説明のつかない化物
     「怪異」
     
     人間の理解を超える奇怪な現象を起こす不可思議な存在
     「妖」
     
     こういった他に害を加える可能性のある、科学では証明されていない存在達。
     これら非日常的・非科学的な存在を一概に相手どる者を俺たちは
     
     
                                  
     
     
     
     
     
     
     
                                     魔道士と呼ぶ。
     
     
     
     
     勢いで書いてるので辻褄が合わなくなったら教えてください!
     

「幻談の魔導士 〜アヤカシ喰らうは、畏怖負うものなり〜  」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品