命の重さと可能性の重み

inten

第六十四話

「お呼びでございますか?マリアさま」

「えぇ…ゲンナイ君の事を話しておこうと思ってね?」

「さようでこざいますか……ならば、チンも呼んだ方が良いのでは?」

「そうかもしれないわね……ゲンナイ君?チンも呼ぶけど、かまわないかしら?」

「えぇ、大丈夫です」

「そう……ならセバス?チンも呼んできてちょうだい」

「かしこまりました……」

そう言うと、セバスさんは部屋を出て行った。




◇◇◇◇◇◇◇◇◇




「さて…セバスがチンを連れて来たことだし、わたくしから説明するわね?」

「お願いします」

「それじゃあまず始めに……これは秘密よ?誰にも話してはいけないわ。いいかしら?」

「かしこまりました……」

「わかりました」

「わかり…ました」

上から、セバスさん、アンナさん、チンさんの順である。
チンさんは、少し戸惑っているようである。

「次に、今から話すことは事実よ。信じられなくても信じなさい?」

「かしこまりました……」

「わかりました……」

「わかり…ました……」

「じゃあまず始めに……ゲンナイ君はこの世界の人ではないわ。異世界人よ……」

「「「…………」」」

三人が沈黙する。

「驚くのも当たり前だけど、受け入れて。彼は異世界人なの……」

「「「………………」」」

沈黙が続く。

「異世界人…というのはつまり、こことは違う世界があり、彼はそこから来たという事ですか?」

最初に沈黙をやぶったのは、セバスさんだった。

「えぇ、そうよ。……わたくしも最初は信じられなかったわ。でも、彼のランクカードには、しっかりと異世界人と書いてあるのよ……」

「「「………………」」」

再び沈黙があたりを支配する。

「それは……見せてもらうことはできるのですか?」

今度沈黙をやぶったのは、意外なことにチンさんだった。

「ゲンナイ君、いいかしら?」

「えぇ……かまいませんよ?俺としては、説明するよりは早いと思いますし?」

「ありがとう。……それじゃあカードを出して、可能性を見せてあげてくれるかしら?」

「わかりました。どうぞ……」

俺は、ランクカードを取り出し、可能性まで表示させる。



ゲンナイ・カノ
15
Sランク

所持可能性
「異世界人との会話」
「エリカとの絆」
「世界についての知識①」
「魔法の担い手」
「マリアとの絆」



俺がランクカードを見せると、再び沈黙が訪れる。

「確かに……異世界人と書いてありますな。しかし、初めて聞きましたものばかりですな……この「エリカとの絆」のエリカとは、エリカさまの事ですかな?すると……こちらの「マリアとの絆」とは、マリアさまの事?」

「そうみたいです……実は俺自身、よくわかってないんですけどね……」

「さようでございますか……」

「これでわかったかしら?ゲンナイ君がうかつに自分のことを話せないわけが……」

「確かに。これは秘密にしなければなりませんな……」

セバスさんがうなずく。

「珍しいものを見せていただきました。ありがとうございます」

少しはずれたことをチンさんが言う。

「ゲンナイさま、すみませでした……。これは確かに、私ごときが気軽に聞いて良い内容ではありませんでした……申し訳ありません」

アンナさんは、俺に対して深く頭を下げる。

「いいですよ、別に。マリアさんの使用人なら信じられますし、なによりさっきは、俺自身も大人気なかったです」

「そう言っていただけますか……ありがとうございます」

「いいえこちらこそ、信じてくれてありがとうございます」

俺とアンナさんは互いに頭を下げ合う。

「さて!これで話は終わりよ。全員下がってかまわないわ」

マリアさんが三人に下がるように指示を出す。

「「「かしこまりました……」」」

三人は三人とも、頭を下げてから部屋を出て行った。

「命の重さと可能性の重み」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く