命の重さと可能性の重み

inten

第六十一話

「さてと、ゲンナイ君はこの後どうしたい?」

「へっ?何がですか?」

デザートを食べていると、マリアさんが話しかけてきた。

「食事の後は、何をしたいの?って聞いたのよ」

「そうですねぇ……」

「わたくしとゲームでもしない?」

「マリアさんとですか?」

「そう。わたくしと」

「いいですねぇ。何をします?」

「ポーカーなんてどうかしら?二人でも楽しめるしね?」

「ポーカー…ですか?」

「そう、ポーカーよ。…もしかして知らない?」

「いえ…僕の世界にもポーカーっていうゲームがあったので、偶然かな?と思いまして」

「へぇ…そうなの」

「えぇ。トランプっていうカードを使うんですよ」

「偶然ね。わたくしの言っているポーカーも、トランプというカードを使うのよ?」

「そうなんですか?」

「えぇ。……もしかしたら、ゲンナイ君以前にもこっちの世界に来た人がいたのかもしれないわね?けっこう古くからあるゲームなのよ」

「そうなのかもしれませんね」

「さてと、それじゃあわたくしの部屋へ行きましょうか?」

「いいんですか?」

「えぇ、もちろんよ」

「でも……」

「どうかした?」

「エリカはどうすれば?……寝ちゃってますが、このまま…というわけにもいかないのでは?」

「そうねぇ……」

「というか、なんで寝ちゃったんですか?これ?」

「うふふ、実はね…エリカって、お酒にとっても弱いのよ」

「そうなんですか?」

「えぇ、それはもう…ね?」

「つまりこれは……」

「そう。酔っ払っちゃたのね」

「そうだったのかぁ……」

急に寝てしまったから、少し心配だったんだよね。

「さて、ゲンナイ君?エリカを運んでくれるかしら?」

「俺が…ですか?」

「えぇ。…このままじゃまずいと言ったのは、あなたでしょう?」

「確かにそうですが、それは……」

「いいんじゃない?エリカも怒らないわよ。それくらいじゃ…ね?」

「そうですかねぇ?」

「えぇ、もちろん。……アンナに案内させるわ。アンナ?よろしくね?」

「かしこまりました」

「うわっ!びっくりしたぁ」

マリアさんが声をかけると、突然アンナさんが目の前にあらわれた。

「ゲンナイさま、こちらへどうぞ」

「あ、はい。わかりました」

「エリカを運び終わったら、わたくしの部屋に案内してあげてね?」

「かしこまりました」

「それじゃあ、よろしくお願いします」

「はい。……では、ついてきてください」

「わかりました」

「またあとでね?」

「はい」

マリアさんに返事を返すと、俺はアンナさんの後ろについてエリカの部屋に向かった。

「命の重さと可能性の重み」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く