命の重さと可能性の重み

inten

第五十九話

「さて、街まで戻ってきたわけですが…これからどうしますか?今から家まで戻るとすると、遅くなりすぎてしまうのでは?」

ゆっくり歩いてきたわけではないが、前みたいに走ったわけでもないため、意外と時間が過ぎていたらしい。
日がかたむいてきており、今から森を歩いて帰るのは、少し大変そうだ。
だからといって、この間のように走るのもめんどくさい。

「そうだね。もうなんだかんだで16時くらいだし、暗くなった森は危ない…かな?」

俺はエリカに問いかける。

「そうねぇ……私としてはいつも通り、マリアの家に泊まらせてもらえれば良いと思うのだけれど…?」

「そう?わたくしとしては、かまわないのだけれど……ゲンナイ君はどうする?」

「へっ?マリアさんの家に泊まるんですか?……俺としてはかまわない、というかむしろラッキーなんですけど…?」

「あらあら?ふふっ」

「変態変態変態っ!何考えてんのよっ!ばかっ!!」

「へっ?いや、なんで怒るのさ?…暗い道を森に帰らなくてすんで、ラッキーってだけだよ?」

「ッッッ!?そ、そうよね。あ、当たり前じゃない…」

「あらあらあらあら?ふふふっ。おませさんね?」

「マリア!?…からかわないでよっ!もうそんな年じゃないわっ!!」

「落ち着きなさい?取り乱しすぎよ…?」

「そうだよエリカ?何を勘違いしたんだよ?俺がそんな事を考えるわけないだろ…?」

「うー、うがーーーっ!!」

「あらあら?エリカが叫ぶのなんて、久しぶりに見たわね。ふふっ。まだまだ子供ね?」

「うがーーーっ!!」

「エリカ、落ち着いてよ。ね?」

「うがーーーーーっ!!!………ふーっ、ふーっ。………落ち着いたわ。…それで?結局いつも通りマリアの家に泊まるので良いのよね?」

「えぇ、もちろんっ。それでかまわないわよ?…ねぇ?ゲンナイ君?」

「あはは…それでマリアさんが大丈夫なら…。俺としては、さっき言ったとおりだから…ね?エリカ?」

「そうね。わざわざ宿をとるのもアレだから、いつも通りマリアの家に泊まらせてもらうわ…」

「…という事なので、マリアさん?よろしくお願いしますね?」

「ふふふっ。…それでは?二名様ごあんな~い。…ゲンナイ君?エリカ?ついてきてね?」

「えぇ。お邪魔するわ…」

「了解です。お邪魔しますね…」

俺たちは、マリアさんに先導され、マリアさんの家に向かった。




◇◇◇◇◇◇◇◇◇




「とうちゃ~く。ここがわたくしの家になりま~す。…どう?ゲンナイ君?なかなかでしょう?」

マリアさんについていって行き着いたのは、豪華の一言につきる大きな屋敷だった。

「………すごい屋敷ですねぇ。……何人くらい住めるんですか?」

「そうねぇ……一応住めそうな部屋は二十室くらいはあるから、それくらいは住めるんじゃないかしら?」

「二十?意外と少ないですね?」

「一部屋一部屋が大きいのよ。この家はね…」

「そうなんですか?」

「えぇ、まぁ…。広い方が、ゆったりとできるでしょう?」

「たしかに。くつろげる部屋が良いですよねぇ」

「立ち話もなんだし、早く入りましょう?」

「そうですわね。入りましょうか?」

「ですね。……おじゃましまーす」

俺は、扉を開けて中に入る。

「「「お帰りなさいませ」」」

「うぉっ。びっくりした…」

「ただいま帰りましたわ。みなさん。…部屋の用意はととのっていますか?」

「万事、ととのっております。マリア様」

「エリカ様、ゲンナイ様共に、くつろいでいただく準備は完了しております…」

「エリカ様、ゲンナイ様、お部屋までお荷物を……手荷物などは無いようですね。失礼いたしました…」

「セバス、アンナ、まずは二人を部屋まで案内して差し上げなさい?…好きな部屋を選んでいただいて?」

「かしこまりました。…ゲンナイ様、こちらへどうぞ…」

「あ、どうもです…」

俺は、セバスと呼ばれた男の人の後ろについていく。

「エリカ様…いつもお使いになさっている部屋でよろしいでしょうか?」

「えぇ、かまわないわ」

「それでは、こちらへどうぞ…」

「ありがとう」

エリカのほうは、アンナと呼ばれた女の人についていく。

「ゲンナイ君、エリカ?また後でね?」

マリアさんに見送られ、俺たちはそれぞれの部屋に向かった。

「命の重さと可能性の重み」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く