命の重さと可能性の重み

inten

第五十一話

「終わったよ?次はどうする?」

「そうね…やっぱり、マリアへの報告ね。失われた魔法ロストマジックについて、話さないといけないと思うわ。これからのためにも…ね?」

「そう…かな?まぁたしかに、報告しておいたほうが…今後に有利かな?」

「それじゃ、行くわよ?」

そう言うと、エリカは歩き出す。

「りょうかーい」

俺はエリカに続いて歩き出す。

・・・
・・


「マリア、ちょっといいかしら?」

階段を下りたところで待っていたマリアさんに、エリカが話しかける。

「さっき言っていた、奥で話すということかしら?」

「えぇ、そのことよ。…この間と同じように、部屋で話すわ」

「わかったわ。それじゃあついてきてくれる?」

そう言うと、マリアさんは奥へと続く扉の前へと移動する。

「えぇ。…ゲン?行くわよ?」

「わかった」

俺とエリカも、マリアさんの後ろについていく。

「それでは…奥に行きましょう」

俺とエリカの二人がついてきているのを見たマリアさんは、扉を開けて中に入っていく。

「行きましょ?」

「あぁ…」

俺とエリカも、マリアさんの後ろに続いて、奥へとつながる扉の中へと入っていった。

・・・
・・


「さてと…今日はどんなことを話してくれるのかしら?」

俺とエリカがこの間と同じようにソファ座ると、マリアさんもこの間と同じようにお茶をいれて、正面に座りたずねてくる。

失われた魔法ロストマジックについてよ。…ゲンが背負っていたボスーピットがあるでしょ?あれは、失われた魔法ロストマジックによるものなの」

「それは本当なの!?…たしかに、氷なのに背負っているゲンナイ君は冷たくなさそうだったし…とけてもいなかったわね」

「属性魔法だとしても、知らない魔法でしょう?」

「そうね…たしかに。…それで?なぜそんな魔法ロストマジックをゲンナイ君が知っているのかしら?」

「それを話すために声をかけたのよ?ゲンの可能性「世界についての知識①」は便利すぎるという報告をするためにね…」

「そうなの?ゲンナイ君?」

「そうなりますね…たしかに。この「世界についての知識①」で見られるアクセスできるようになる「全世界記録集データベース」で知った魔法ですから…」

「「全世界記録集データベース」ってなにかしら?聞いたことがないのだけれど?」

「今から見せますよ。………アクセス」

俺が唱えると、目の前にいつもの本があらわれる。

(夏野限無と認識。下位権限でのアクセスを許可します)

「なに?それ…?…それが「全世界記録集データベース」なの?」

マリアさんが驚いたように首を傾げて聞いてくる。

「そうです。これが「全世界記録集データベース」です。…なにか知りたいことはないですか?」

俺は頷き、マリアさんに知りたい事がないかきいてみた。

「命の重さと可能性の重み」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く