命の重さと可能性の重み

inten

第四十五話

「そういえば、なんだけどさ…」

歩きながら俺は、ふとあることを思い出した。

「なに?」

「いやさ、たしかなんだけど…ボスーピットの近くに、スーピットの巣があるとか言ってなかったっけ?」

「そうね。言ったと思うわ…」

「ならさ…何でコイツがいた周辺を探さなかったんだ?」

「へ?何でって…え?わかったからこっち来たんじゃないの?」

「えーっと、どういう意味?…もしかして、俺が歩き出したからだったりする?」

「このボスーピットまわりに、スーピットの気配を感じなかったから歩き出したんじゃないの?…もしかして、今の今まで忘れてて…唐突に思い出したわけ!?」

「いやぁ、まぁ、そのぉ…てへぺろっ」

「………まぁいいわ、戻るわよっ」

そう言ってエリカが来た道を引き返す。

「りょうかーいっ」

俺は少し申し訳なく思いつつ、エリカの後に続いた。




◇◇◇◇◇◇◇◇◇




「犯人は必ず現場に戻るっ!」

「何がしたいのよ…」

「いやごめん…何かテンション上がっちゃってさ。…さっき倒したのを思い出したからかな?」

「まぁいいわ…さっそく探すわよ?」

そうしてエリカは大木のまわりを調べ始める。

「あいあいさー」

俺は敬礼を返し、周辺を探し始めた。

・・・
・・


「あったー?」

「いいえ、見当たらないわね…」

「こっちも見当たらないよ。エリカ…何か簡単に調べられる方法はないの?」

「無いわね。そんな魔法聞いたことないものっ」

「魔法…ね、…試してみるかな?………「我が求めに応じ、応えよ息吹…「サーチ」」」

「ちょっ、なにして…」

「うーん…反応はしてるな。どこらへんだろう?」

「ちょっと、何の魔法を使ったのよ!?」

「え?探知の魔法だけど?…もしかして、まずかったりした?」

「探知の魔法…ですって!?そんなの聞いたこと…まぁ、アリなんでしょうね…アナタにとっては」

「どうかした?まぁ、いいや。…とりあえずエリカ、あっちの茂みあたりに何かいるよっ」

「あそこらへんね?調べてみるわよっ」

そう言ってエリカは、俺が指差した茂みに向かう。

「もちろんっ」

俺は肉体強化魔法のスイッチを入れて、いつでも素早く動けるようにしてから、茂みへと近づく。
すると

「うきゅぅー」
「うきゅっ」
「うきゅきゅー」

「うわっ、それがスーピットよっ。ゲン、捕まえてっ」

「これが…スーピット…?」

「ちょっと、なにほうけて「かわいい~!!」の…って、確かにかわいいけど」

「なにこれ!?なにこのかわいいのっ!?持ち帰りたい…いや、持ち帰る!!」

「ちょっ、なに言って」

「まずは「我が求めに応じ、応えよ息吹…「サーチ」」んで次に…「見えて定めよ…「ターゲット」」そして最後に「重さを無くし、枷を外せ…「フリー」」」

「ちょ、なにやって…」

「これで捕獲完了っ。ほら…捕まえたよ、エリカ」

「いや、ちょ、たしかに捕まえられたけど」

「はやく罠を仕掛けたところに戻ろうっ。こんなかわいい生き物を、罠になんてかけられないよっ!」

こうしてはいられない。
はやく行かなければ。

「へ?え?ちょ、ちょっと」

俺はエリカの手を引っ張り、罠の場所に向けて走り出した。

「命の重さと可能性の重み」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く