命の重さと可能性の重み

inten

第四十二話

「さてと、ここらへんで一回休憩するわよ。ついでに、朝ご飯にしましょう」

エリカが立ち止まったのは、エリカの家から歩いて20分弱くらいの場所にある、小川だった。

「パンは持ってきたでしょ?水はそこの小川のを飲めばいいから…」

そう言ってエリカは、自分のカバンからパンを取り出して、食べ始める。

「わかった」

俺もエリカにならい、カバンからパンを取り出して食べ始める。

「今日は随分とまた、質素な朝ご飯だね。…もしかして、これが普通だったりする?」

「そうね…これが普通だと思うわ。昨日はたまたまスープの残りがあったけど、普段はパンだけよ。…まぁ、お金をたくさん持っている人達は、朝からおかずやらスープやらを食べたり…朝昼晩の三食食べているらしいけどね…」

「エリカはお金持ってないのか?Sランクの冒険者なんだろ?」

「私の場合はね…まぁ、いろいろと理由があるのよ…」

「そうなのか?…まぁ、無理には聞かないけど…」

「ありがとっ。…さて、そろそろ食べ終わったかしら?片付けて狩り場に向かうわよ?」

「わっ、ちょっと待ってよ。俺はまだ食べ終わってないんだよ…」

「はやくしなさいっ。もうすぐ日が出てきちゃうから、はやく行かないと罠を仕掛けられなくなるわっ」

「そうなの?…わかったよ。これはまた後で食べることにするよ」

そう言って俺は、食べかけのパンをカバンに入れて、小川の水で口をすすぐ。

「準備できたよっ。行こうか?」

「えぇ、行くわよ。…今度もちゃんとついてきてよ?」

そう言ってエリカは歩き出す。

「わかってるよっ」

俺もエリカに続いて歩き出した。




◇◇◇◇◇◇◇◇◇




「さて、ついたわよ。ここがこの間、私がスーピットを捕まえた場所よ。…さっそく罠を仕掛けましょうか?」

そう言ってエリカが立ち止まったのは、木々が立ち並ぶ中にある、ひときわ大きな木の前だった。

「わかった。…どこに仕掛ければいいんだ?」

俺はあたりをみまわしながら、エリカに問いかける。

「基本的には木の根っこのあたりよ。このトラバサミを見えないように仕掛けるの。…自分がかからないように気をつけなさいよ?」

そう言ってエリカが、2つほどトラバサミを渡してくる。

「仕掛けた場所の近くの木に、目印をつけておいてね?わからなくなると困るから…」

「わかった」

「仕掛けおわったら、この大木に下に集まりましょう」

「わかった」

俺はトラバサミを受け取り、大木のまわりに立ち並ぶ木の中で、草むらがあってトラバサミを隠せそうな場所に仕掛けに行った。




◇◇◇◇◇◇◇◇◇




「我が指先に宿れ…「風の刃」」

俺はトラバサミを仕掛けた草むらの近くの木に、魔法を使って×印ばつじるしをつける。

「さてと、戻りますか…」

2つのトラバサミを仕掛けおわった俺は、エリカとの待ち合わせ場所である大木の下へと向かう。
すると、エリカはすでにそこにいた。

「仕掛けおわったかしら?できたなら、ここから離れるわよっ。ボスーピットを探しにいきましょう?」

そう言ってエリカが俺の方へと歩いてくる。

「わかった、そうしよう。…行き先は決まっているのか?俺はエリカについて行くだけだが…」

俺は頷き、エリカに問いかける。

「思い当たる場所はいくつかあるわっ。順番に巡りましょう」

そう言ってエリカは歩き出す。

「了解っ」

俺は敬礼の真似をしてから、エリカの後ろについて行った。

「命の重さと可能性の重み」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く