命の重さと可能性の重み

inten

第四十一話

「ゲン、起きて。狩りに行くわよ」

「んぅ?…エリカ?今何時?」

「朝の3時よ。…スーピットは朝が一番活発に活動するの。はやめに行かないと、見つからなくなるわ」

「うーんぅ、わかったよ。頑張って起きる…んぅ」

俺はなんとか上半身を起こし、目を開ける。

「おはよう…ございます?エリカ」

「おはよう。はやくきがえ…は無いんだったわね。そのままでいいから、顔を洗いなさい」

「わかった…洗ってくるよ…」

俺は立ち上がってのびをした後、ドアをあけてキッチンに向かう。

「水を出して…っと」

まだ眠いために挙動不審だが、しっかりと手で水をすくって顔を洗う。

「ついでに口をすすぐか…」

顔を洗ったことで、少しだけさえた頭をふり、もう一度水を手ですくって口をすすぐ。

「頭はさえたかしら?…朝食は森の中で食べるから、このカバンにパンだけいれて持ちなさい。すぐに出るわよっ」

「わかった」

俺は、こっちの世界に来たときに着ていたロングコートを羽織り、エリカから受け取ったカバンに丸パンを2ついれて肩からさげる。

「準備できたよっ。行こうか?」

そう言って俺は、玄関のドアを開ける。

「うわっ、寒い…」

「これくらい、この時期は普通よっ。寒さで完全に目覚めたでしょ?ちょうどいいじゃないっ」

「うん?…まぁ、たしかにそうだね。目は覚めたよ」

俺は寒さに身震いしながら、手に手袋をする。
この手袋は、もともとポッケに入れてあったもので、向こうの世界地球で愛用していたものである。

「じゃあ行くわよ?…今日は肉体強化魔法を使わないで、歩いて向かうから…しっかりとついてきてよ?」

そう言ってエリカが歩き出す。

「わかった」

俺は頷いて、エリカに続いて歩き出した。

「命の重さと可能性の重み」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く