命の重さと可能性の重み

inten

第四十話

「あがったぜぇ」

俺は脱衣所で服を着てから、エリカのもとへと向かう。
エリカは椅子に座っており、恰好はまだバスタオル一枚だった。

「どうだった?お湯はちゃんと出せた?」

「まぁな。ちゃんと「簡単に」お湯ができたぜ」

「そ、そう。それはよかったじゃない」

「おうっ、水から沸かしたぜ」

「水からっ!?…それにしては、随分とはやかったじゃないっ。…どんな手を使ったの?」

「ひ・み・つ・だ。まぁ、明日からも風呂は俺が沸かしてやるからさ」

「きになる…けど、まぁいいわ。…それよりも、冷蔵庫の中にある瓶ミルクを一本飲んでいいわよ。冷たいものがほしいでしょ?」

「まじか?それは嬉しいぜっ」

「感謝しなさい、私の瓶ミルクが飲めるなんて。…めったに飲ませることがないんだからねっ」

「そうなのか?」

「そうよっ!ってそれより、明日はスーピット捕獲しに行くんだからっ!今日は早く寝るわよっ」

「そうか?…そうだな。…んじゃ昨日と同じく、俺は隣の書斎のソファで寝かせてもらうよ………ってまだ飯食ってないしっ」

「?…朝とお昼に食べたじゃない」

「晩飯だよ晩飯っ。昨日は一緒に食べたじゃん…」

「昨日も晩御飯なんて食べてないわよ?昨日のあれは、遅いお昼御飯だもの…」

「そうなの!?…晩御飯がないのか、それはビックリだぜ…」

「地球ってところは、よっぽど豊かだったのねぇ。…私たちの世界では、朝と昼の二食が基本よ?」

「マジか…異世界トリップこういう展開の時に行く世界ってのは、時代が中世なのが普通なんだが…この世界はそれ以前なのか…?」

「正確には…一度栄華を極めて、滅びたらしいわ。…人族ひとぞくが国をつくらないのは、過去の戒めがあるからなのよ…」

「そうだったのか」

「まぁ…そんなことは、今はあまり関係ないけどね…」

「それもそうだな。…んじゃあらためて、俺は寝るぜ。…おやすみ」

「えぇ、おやすみなさい」

「んじゃまた明日な…」

俺はドアをあけて、昨日と同じようにソファに横になった。

「命の重さと可能性の重み」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く