命の重さと可能性の重み

inten

第三十九話

「うーんぅ、良いお湯だったわぁ」

エリカが出てくるの椅子(食事の時に座っていたもの)に座って待っていた俺のまえに、湯上がり姿のエリカが風呂からあがってきた。

「ちょっと、あまり見ないでよね…恥ずかしいから…」

「わかってるって」

そう言いつつも、目はどうしてもエリカの姿をおってしまう。
それもしかたがないことだろう。
何故ならエリカは今、バスタオル一枚しかつけていないのだから…

「だから、あまり見ないでってばっ!いやらしい視線禁止!」

「いや、まぁ、そのだな…だったらはやく、自分の部屋で着替えてきてほしいのだが…」

「それは嫌よっ!私はいつも、この部屋で涼んでから着替えることにしているもの」

「そうなのか?…ならしかたな…ってしかたなくないよっ!俺に見られたくないなら、自分の部屋で涼めばいいじゃないか!」

「いーやーよっ!あなたが部屋から出て行きなさいよ。ここは私の家よ?どうしようが私の勝手でしょ?…それに、居候なんだから、私にあわせなさいよ」

居候それを言っちゃう?まぁ、わかったよ。俺も風呂に入ってくるよ…」

「それはダメよ」

「何でさ?」

「だって今、お湯を抜いているもの」

「ハァ!?お湯を抜いてるって何でさ!?俺に入らせないつもりだったのか?」

「違うわよ。私が入った後のお湯なんて、使わせられるわけないじゃないっ」

「それはっ…まぁそうだな、そのとおりだ…」

「でしょ?…かわりと言ってはなんだけど、湯上がりには冷たい飲み物を用意してあげるからっ」

「そうか?…ってそれで懐柔される俺ってどうよ…まぁ、良いけどね…」

「交渉成立っと。じゃあ後は、自分で頑張ってね?…ちなみに、お湯は魔法を使って出せるわよっ」

「そうなのか?なら、たいしたことはないか…」

「そろそろ、お湯が抜けきったんじゃない?…頑張ってね?」

「わかった」

俺は頷き、風呂場へと向かった。

・・・
・・


「さて、頑張って風呂を準備しますかっ」

俺はお湯が抜けきった風呂桶を前に、気合いを入れる。
ちなみに…さっきエリカが入っていた風呂のお湯は、俺が水の魔法で風呂桶を満たし、火の魔法で頑張って沸かしたものだったりする。

「まずは…水をはるわけだが、さっきエリカが「お湯は魔法で出せる」っていってたよな。…やってみるか?」

俺は風呂桶の前で、精神を集中させる。

「イメージは、普段入っていた風呂そのものだ。………「求めに応じ、集まりて温まれ…「ホットウォーター」」」

俺が呪文と魔法名を唱えると、体から一気に魔力が失われる。

「これは…結構キツいな。それに………ぬるいっ!」

そう。
かなりの魔力を使ったわりには、全然あったかくないのだ。

「何がいけなかったんだ?…ちょっと検索してみるか」

俺は原因を調べるため、全世界記録集データベースを使ってみることにした。

「…アクセス」

俺がそう唱えると、前と同じように本が現れる。

(夏野限無と認識。下位権限でのアクセスを許可します)

「んじゃさっそく…お湯魔法についてで検索してくれ」

(承りました。キーワード「お湯魔法」で検索いたします。…検索結果が出ました。お湯魔法についての知識をインプットしますか?)

「よろしく頼む」

(承りました。お湯魔法についての知識をインプットします。………完了しました。別のキーワードを指定しますか?)

「いや、大丈夫だ。ありがとう」

(では、またのご利用をお待ちしております。)

「あぁ、クローズ」

俺がそう唱えると、本が消える。
と、同時に、俺の頭に「お湯魔法」についての知識が書き込まれた実感がわく。

「なになに…「お湯魔法は属性系統の火と水の複合魔法なので、必要魔力量が多く、失敗しやすい」だと!?エリカめ、わかっててやらせたなっ!」

涼みながら笑うエリカの顔が想像できる。

「まぁいいや、効果的な風呂の沸かし方もわかったし」

そう。
お湯魔法で検索した結果、ちゃんとした簡単な風呂の沸かし方も一緒にわかったのだ。

「まずは、水魔法で風呂桶を一杯にする…ってその前にこのぬるま湯を抜かないと」

俺はお湯の栓を抜く。

「って、あぁっ!抜かないでそのまま使えば良かったのにっ。…まぁ仕方がない、明日からの練習だと思えばいいか…」

俺はぬるま湯が完全に抜けるのを待ってから、栓を締め直す。

「さて、改めて水魔法で風呂桶を一杯にするっと」

俺はまず、水魔法を使って風呂桶に水をためる。

「次に、電魔法で電子レンジみたいにあっためるっと」

風呂桶の水に手をつけて、冷たいのを我慢して雷魔法を使う。

「あたため過ぎないように注意して、ちょうど良いあたたかさで魔法止める…」

俺は魔法を止め、風呂桶の水がちょうど良いお湯にかわったことを確かめる。

「うん。良いお湯だ」

お湯がちょうど良いあつさになったことを確認した俺は、脱衣所で服を脱ぎ捨て、風呂場に直行する。

「ふはぁっ、良い湯だなぁ」

ザバンとお湯をこぼしながら、お湯にしっかりとつかる。

「さっきのエリカの時も、この方法を使えば簡単だったのに。…エリカのやつ、知らなかったのかな?」

足を伸ばしてくつろぎながら、さっきの苦労を思い出す。

「まぁいいやっ、今が極楽だし、風呂にもちゃんと入れたんだから…」

俺は文字通りすべてを水に流し、エリカのことをゆるすことにした。

「命の重さと可能性の重み」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く