命の重さと可能性の重み

inten

第三十八話

「ヤッ!タッ!ハッ!」

俺は攻撃してもいいと言われたので、全力でエリカを攻める。
先ほどの一戦で、エリカの戦い方はだいたいわかったので、今度は俺の戦い方を見せてやる!

「ヤッ!ハッ!タッ!セイッ!」

右、左、裏拳、ストレート。
俺は攻撃の手をゆるめずに、エリカを後退させていく。

「ヤッ!ハッ!タァァ!」

ジャブ、ジャブ、ストレートの要領で、エリカに大きい一撃をくわえる。
しかし、

「フフッ、ちゃんと戦えるじゃないっ。…女性とは戦えない性格だったんじゃないの?」

そう言って軽口をたたくエリカに、俺が放った大きい一撃右ストレートは、簡単に防がれ、逆につかまれてしまう。

「今度はこっちの番よっ!」

そう言ってエリカは、つかんでいる俺の右手を引くことで、俺のバランスを崩し顔面をねらい攻撃をしかけてくる。

「クソッ、やられるかよっ!」

俺は、エリカが俺のことを引っ張った力を利用し、エリカの背後へと前転の要領で回り込む。

「シッ!はぁぁ!」

俺はエリカが振り向く前に、エリカの背中へと掌打をくりだす。

「キャッ、危ないわねっ!」

すんでのところで、エリカが前に跳んで回避する。
そしてちょうど、互いに初期位置を入れ替えたかたちで向かい合う。

「なにが「女性とは戦えない性格」よっ!背後から攻撃するなんて、やる気満々じゃないっ!」

「そりゃあ「ゲンごとき」なんて言われれば、本気を出さざるをえないだろうよ…俺にだって、男のプライドがあるからな…」

「ゲンも男の子なのよね。…いっちょまえにプライドなんかあるんだから」

「そりゃあるさ、男の子だからな。…しかし、今のを避けられるとは思わなかったよ…エリカも、さっきは本気じゃなかったのか…」

「そのとおりよっ!さて、続けましょうか?」

「いや、今のを避けられるんじゃ…俺は勝てる気がしないよ。攻撃が当たらないんじゃ、負けは無くても勝ちもないからさ…」

「そう?…まぁ私も、負ける気はしないけど…勝てる気もあまりしないのも確かね…」

「んじゃ、組み手はここまで…ってことでいいか?」

「そうね…かまわないわ。少し汗をかいたし、お風呂に入りたいから…」

「この家、風呂なんてあるのか!?あるなら俺も入りたいんだが…」

「良いわよ、少し待っててちょうだい?お風呂をわかさないといけないし、私が入った後でかまわないでしょ?」

「わかった。それでかまわない」

「なら手伝ってくれる?お風呂の準備」

「了解した」

「じゃあ、ついてきて。まずは水をはるところからよ」

そう言ってエリカは家の中へと入っていく。

「わかった」

俺も、エリカに続いて家に入った。

「命の重さと可能性の重み」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く