命の重さと可能性の重み

inten

第三十五話

「帰りながらも訓練よっ。肉体強化魔法でイメージの練習するわよ」

そう言ってエリカが森の中に走っていく。

「わかった、頑張るよっ」

俺もエリカに続いて森の中へと走っていく。

「って、速すぎだろ。もうあんなに先の方にいるなんて。…最初から全力じゃないと、ついていくことができないってことか…よしっ」

俺は街に来たときと同じように、まずは肉体強化魔法を意識して発動させる。

「続いて五感を強化する…っと」

イメージに魔力を通し、感覚が研ぎ澄まされるのを感じる。
俺は走りながら前方に目をこらし、エリカをさがして発見する。

「………見つけたっ。全力で追いつくっ!」

俺は走る速度を上げて、エリカに追いつこうとする。

「意外と速かったわね。なら少し、本気を出すわよっ」

俺がエリカに近付くと、エリカが一度俺に振り返り、すぐさま速度を上げて走っていく。

「まじかよっ!?俺はこれでも結構いっぱいいっぱいなのに…」

俺は今、全力といっていい速度で走っている。
街に行った時と同じくらいの速度を出しているはずだ。
なのに、エリカは俺よりもぜんぜん速くて追いつけない。

「くそっ、行きは俺にあわせて加減してたってことかよっ」

俺とエリカの距離は少しずつひらいていき、目算で50メートルくらいははなれてしまっている。


「これ以上速くするにはどうすればいいんだ?…俺のイメージじゃ足りないってことなのか!?…いや、違う。あきらめたらそこで終わりだっ」

俺は走りながら全力で考える。

「何が違うんだ…?俺とエリカは何が違う…?」

俺はどんどんはなれていくエリカを見つめ、自分との違いを考える…。
すると、エリカは自分より断然スマートに走っている事がわかる。
俺よりも一歩一歩の歩幅が小さく、小刻みに動かしている。

「そういうことかっ!俺には無駄が多いってことだなっ!」

俺は今、走っているというよりは「飛び跳ねている」という表現があっているだろう走り方をしている。
一歩一歩の歩幅が3メートルほどであり、木にぶつからないように避けるときも、同じように跳んでいる。

「つまり俺は、知らない間にジグザグに走ってたってことになるのか。…そりゃあ、まっすぐ走っているよりも、遅くなるはずだわな…」

俺は意識的に歩幅を小さくして、エリカと同じように走ろうとする。

「これは…けっこうキツいな…」

意識的に歩幅を小さくしたことにより、バランスがとりにくくなり、前につんのめりそうになる。

「これは…けっこう危ないぞ。エリカはどうやってバランスをとってるんだ?っうわっと」

考えることに頭をさいていると、バランスをとるのが難しくなる。

「肉体強化魔法の出力を上げるか?いや、余計にバランスがとりにくくなるかもだな…」

俺は必死になって考える。

「エリカが見えなくなったら終わりだ、道がわからなくなる。…まぁ、さがしに来てはくれるんだろうけど、それはカッコ悪いよな…」

俺は苦笑いしながら、どうすればいいのかを考える。

「肉体強化魔法の出力を少し下げてみるか?出力を下げた状態で、一度ならしてみるのもありかもしれない…」

俺は体に流す魔力を少し抑えてみる。

「これはっ…正解らしいな。さっきより全然バランスがとりやすい。それに、歩幅を意識して小さくする必要がない…」

肉体強化魔法の出力を抑えたことで、余裕ができた俺は、先ほどのエリカの言葉を思い出す。

「本気っていうのは、最適化のことだったんだな。…言葉に騙されて出力を上げていたのが、逆に追いつけない理由だったのか…」

俺はエリカの言葉勘違いしていた。
何も出力を上げることだけが、本気というわけじゃない。

「こうやって少しずつ試してみて、俺の最適を見つけてやるっ」

俺は少しずつ肉体強化魔法の出力を上げていき、俺にとっての最適を見つけだす。

「これが俺にとっての最適なバランスか。…よしっ追いついてやるぜっ!」

俺は気合いを入れ直し、エリカを追いかけていった。




◇◇◇◇◇◇◇◇◇




「ゴール。…結局追いつけなかったぜ…」

俺はゴールのエリカの家につき、悔しさをつのらせる。

「でもまぁ、二回目にしては上出来よ。私の本気について来れたんだから…」

そう言ってエリカが微笑むが、俺は少し納得がいかない。

「それに、こんな短時間で自分の最適を見つけるなんて…ゲンは魔法のセンスがすごいわよっ」

「そうかな?…でもそれって「魔法の担い手」の効果じゃないかな?」

「そういえば、そんな感じのことを書いてあったわね…」

「そういうこと。…でもまぁこれで、魔法のイメージの仕方はわかったよ。これなら属性系統の魔法も上手くいきそうかな?」

「そう?なら使ってみたら?簡単に、指の先に炎を出してみるとか」

「そうだね…やってみるよ。………「我が指先に宿れ…「フレアー」」」

俺が呪文と魔法名を唱えると、右手の人差し指の先に、握り拳くらいの炎がゆらめいた。

「一発で成功なんてスゴいじゃない。やっぱりセンスもあるのよっ」

「そうかな?そうだといいなぁ…」

「絶対そうよっ。次は水で試してみて?」

「わかった。………「我が指先に集まれ…「ウォーター」」」

俺がまた呪文と魔法名を唱えると、今度は右手の人差し指の先に、握り拳くらいの水球があらわれる。

「やっぱり、イメージがしっかりできているのね…」

「そうだね、魔力を流すイメージはできてるよ。…これなら、アニメとかで使われていたみたいな魔法も使えるかも…」

「魔法はイメージがすべてだからね。イメージさえしっかりしていれば、何でもできるわよ」

「そうだよね。なら、スーピット相手にいろいろと試してみるよ」

「それがいいわね。…さて?せっかく家に戻って来たんだから、お昼にしましょうか?」

「もうそんな時間か。…そうだね、そうしようか」

「なら家にはいりましょう?準備するから」

そう言ってエリカが家に入る。

「わかった」

俺もエリカの言葉に頷くと、家に入っていった。

「命の重さと可能性の重み」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く