命の重さと可能性の重み

inten

第三十四話

「さて、それじゃあさっそく向かおうか?Sランクの森って、最初に俺がいた場所のことだよな?」

俺は昨日の会話を思い出しながら、エリカに問いかける。

「そうよ。スーピットの生息地は、そこから少し歩いたところにあるわ」

「少しってどれくらい?1キロは無いよね?」

「そうね…だいたい直線距離で300メートルくらいかしら?」

「直線距離ってことは、道はまっすぐじゃないってこと?」

「そうなるわね。…まぁ、魔法を使えばすぐにつくわよ。むしろ、ついた後にさがすほうが時間がかかるわ」

「そんなに見つからないのか?」

「えぇ…巣さえ見つけてしまえば、後は待つだけなんだけど…巣を見つけるまでが大変なのよ」

「スーピットを直接見つけて捕まえればいいんじゃないの?」

「それは無理ね…スーピットは体毛が緑だから、森に同化していて…目で見つけられないのよ。強さの気配オーラもすごく小さいから、感覚で見つけるのも困難よ」

「ってことは、もしかして難易度めちゃくちゃ高い?」

「まぁね…ただし、この季節じゃなければ…だけどね」

「季節が関係あるのか?」

「そのとおりよ。…この季節はちょうど、冬眠にむけてエサをためこむために活発に活動するの。それにこの季節は森が色付くから、体毛が緑のスーピットは同化できずに見つけやすくなるのよ」

「そうなのか。なら、なんとかなりそうだな」

「えぇ…と言いたいところだけど、ボスーピットが出るということは、スーピットがまとまっているかわりに、巣から出てこないのよ…」

「つまり、巣を見つけなくちゃいけない…ってこと?」

「そう言うことよ。…まぁボスーピットは大きいから、ボスーピットをさがせばその近くに巣があるわ」

「けどそれって、ボスーピットと戦わなきゃいけないんでしょ?」

「おそらく…というより確実にそうなるでしょうね…」

「殺しちゃ駄目なんでしょ?…というか、俺には殺せる自信がないよ」

「そうね…魔物とはいえ、殺しの経験が無いゲンには、ボスーピットの相手はキツいでしょうね…」

「この手で命を直接奪った経験がないからね…。なれなければ、こっちで生きていくのは難しいことはわかってるんだけど…こればっかりはね」

「そうね…徐々になれていくか、割り切るしかないわね」

「そうだね…」

「少しでも殺すということになれたいなら、魔法を使うよりも剣とかの武器を使うほうがいいけど…そのぶん命を奪う感触が強いから、ゲンは最初は魔法を使ったほうがいいと思うわ」

「武器はあまり好きじゃないから、そのほうがありがたいな。…でも俺、攻撃に魔法を使ったことないんだけど…」


「そういえばそうだったわね…」

「攻撃魔法も、イメージだけでなんとかなるもんなのか?」

「基本は肉体強化魔法と同じよ。イメージして魔力を操るの」

「呪文とかは必要ないのか?」

「言葉を紡ぐことで、イメージをより鮮明にすることはできるけれど…基本的には魔法名だけ唱えれば大丈夫よ。自分で考えた…というか、パッと思い浮かんだものが魔法名になるの」

「なるほど…といっても、使ってみたことないからよくわからないよ。…まぁ、試してみたくはあるんだけど…」

「そう?ならこれからどうするの?このままスーピットの捕獲に行く?」


「とりあえず魔法を試してみたいから、一度エリカの家に戻ろうよ。今日は一日実験に使いたいから…」

「わかったわ」

「それじゃあ戻ろう」

俺はエリカの家に戻るために、街の外へと歩き出した。

「命の重さと可能性の重み」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く