命の重さと可能性の重み

inten

第三十二話

「さて、それじゃあ真面目な話をしましょうか?」

先ほどまでのくだけた空気から一変、マリアさんが真剣な顔で見つめてくる。

「はい…」

俺は空気が変わった事を感じ取り、真面目な顔になる。

「……………」

エリカからも笑顔が消えて、真面目な顔をする。

「でもその前に…お茶のおかわりはいかがかしら?」

「へ?」

いきなり真面目モードになったと思ったら、いきなりもとの空気に戻ってしまった。

「私ももらうわ」

エリカもそれにあわせて微笑する。

「あ、お、俺も貰います…」

俺はいきなりの事に驚き、うまくあわせられずに答える。

「そんなにかしこまらなくても大丈夫よ」

「えーっと、そう言われても…」

「わたくしとしては、真面目な話だって楽しくしたいものですわ」

「そうなんですか?…そのわりにはいきなり空気がかわったんですか…」

「それはまぁ、真面目な話ですし…最初くらいはしっかりしておこうと思うのが、人情というものではありません?」

マリアさんがお茶をいれなおしながら俺に微笑む。

「マリアはそうやって話の主導権を握りたかったのよ。いつもの手だわ」

エリカが俺の方を向いて、先ほどの空気を変えた理由を教えてくれる。

「確かにそのとおりなのですが…エリカに言われるとなにか釈然としませんわね…」

「私だっていつまでも子供じゃないのよ。いくらなんでも気付くわよ」

「それもそうですわね…。まぁ、ゲンナイ君にはあまり意味がなかったみたいだけれどね…」

「いや、そうでもないですよ?…いきなり空気が変わったので、慌ててなんとかあわせようとしただけで、内心ビクビクしてました…」

「そうなんですの?ポーカーフェイスが上手いんですのね…」

「そうですか?マリアさんに言われるほどなら、喜んでいいのかな…?」

「いいと思うわよ…。マリアは一応ギルドマスターなんだから」

「そうですわね。わたくしとしては、ほめているのですから喜んでいただいたほうが嬉しいですわ…」

「そうですか。なら、素直に喜ばせていただきます」

そう言って俺は、マリアさんに向かって微笑む。

「では、お茶をいれなおし終わったところで、今後のゲンナイ君の事についてのお話をいたしましょうか?」

そう言ってマリアさんが真面目な顔になる。

「お願いします」

俺もあわせて少し顔を引き締めて頷く。

「それじゃあまず、ゲンナイ君の持っている可能性についての確認をしましょうか?」

「はい」

「ゲンナイ君の持つ可能性は全部で4つ…さきほどマリアわたくしとの絆を新しく手に入れているので、5つになっていますわね」

「それであってます」

「内容は
「異世界人との会話」
「エリカとの絆」「世界についての知識①」
「魔法の担い手」
マリアわたくしとの絆」
これであっていますわね?」

「はい、あってます」

「この内、「エリカとの絆」と「マリアわたくしとの絆」についての詳細は不明…。後の3つについては、登録時に確認していますので問題ありませんわ。…まぁ、3つとも内容については別格ですが…」

「そうなんですか?」

「えぇ、そのとおりですわ。「魔法の担い手」については、ギルドに登録している冒険者でも、持っている者はわずかならいるのですが…「異世界人との会話」と「世界についての知識①」については見たことも聞いたこともありませんわ」

「それってヤバいですかね?」

「危なくは無いとは思いますわ。エリカがついていますし、ギルドも全面的にバックアップいたします。…それになにより、あなた自体がSランクの強さの気配オーラを持っていますもの」

「危険なものじゃないなら、それでいいです。…力と強さの気配オーラにはこれから頑張ってなれますし、エリカとマリアさんが力になってくれるんでしょ?」

俺はエリカとマリアさんの両方に向けて問いかける。

「えぇ、もちろん」

エリカが笑顔で答えてくれる。

「わたくしにできる限りですが…」

マリアさんも微笑みながら了承してくれる。

「わたくしとしては、エリカやわたくしにかまわれた事で起きるかもしれない…いえ、起きるであろう厄介事の方が不安ですわね…」

「怖いこと言わないで下さいよ…」

「いえ、確実に1人突っかかって来そうな子に心当たりがあるので…ねぇ?エリカ?」

「あー、あの子ね?…確かに突っかかって来るかも…」

「大丈夫なの?」

「多分平気よ。…それより、そろそろ依頼人の人が来た頃じゃない?」

「そうですわね、そろそろ戻りますか?」

エリカの提案にマリアさんが同意し、受付に戻るかどうかを俺に尋ねる。

「わかりました。受付に戻りましょう」

俺も同意し、受付に戻ってみることにした。

「命の重さと可能性の重み」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く