命の重さと可能性の重み

inten

第二十九話

「少々お待ちいただけますか?ゲンナイ様」

二階に向かおうと歩き出した俺は、入口近くの女性に呼び止められた。

「何か御用でしょうか?」

「はい…少々お話をしたいと思いまして…」

「話…ですか?いいですけど、エリカとはもういいんですか?」

「はい…少々世間話をしていただけなので…問題ありません。ね?エリカ?」

「そうね…最近の街の様子とかは聞き終わってるし、話には私も参加するし」

「そうですね…エリカも一緒の方が話しやすいでしょうし、よろしいでしょうか?」

「俺は全然構わないよ。…どこで話をするんだ?ここで立ち話するよりは、どこかに座りたいんだが?」

そう言って俺は、ギルドの入口から入り受付とは反対方向にある、休憩スペースらしき場所を指で示す。

「そうですね………では、奥で話しましょうか?部屋に案内しますわ」

そう言って女性は歩き出し、入口からまっすぐ行った所にあるドアへと手を伸ばす。

「そうね、私もその方が良いと思うわ」

エリカが同意を示し、女性について行く。

「エリカがそう言うなら…わかった。案内してくれるか?」

俺もエリカの後を追い、ドアの前に立つ。

「それでは…部屋へ案内するので、ついてきて下さい」

そう言って女性がドアを開けて中に入る。

「行きましょう?」

「あぁ」

俺はエリカに向かい頷いて、エリカと一緒にドアの中へと入っていった。




◇◇◇◇◇◇◇◇◇




「こちらになります…」

案内されたのは、先ほどのドアを入った先の曲がり角を右に曲がった先にある、一番奥の部屋だった。

「そちらのソファにおかけ下さい。今、お茶をおいれしますので…」

「わかりました。失礼します…」

俺は促されるままに部屋へ入り、ソファへと座る。

「ここに入るのも久しぶりね…」

エリカはひとしきり部屋をみまわしてから、部屋の中に入ってくる。

「少しつめてくれる?私もそこに座るから…」

「え?こっちに座るの?」

「えぇ、あなたの隣にね」

「わかった…」

俺は驚いたが、すぐに左につめてソファの右側を空ける。

「ありがとう」

そう言ってエリカが隣に座る。

「何でこっちに座ったの?って別に嫌な訳じゃないんだけど…」

そう。
ソファは全部で4つ部屋に置いてあるのだ。
配置としては、テーブルをはさみ、部屋の入口から見て奥と手前に1人掛け用。
同じテーブルをはさみ、右と左に2人掛け用。
俺は左の2人掛け用の真ん中に座ったので、エリカは入口手前に座ると思っていたのだ。

「だって、隣に座らないと対面に彼女が座れないでしょ?」

「彼女もこっちに座るの?俺はてっきり、奥のしっかりした机の方のイスに座るんだと思ったよ…」

「確かにあそこが彼女の定位置ではあるけど、彼女はお話する時はこっちのソファに一緒に座るのよ」

「そうなんだ…」

「そうなの。………さて、お茶の用意が出来たみたいよ?」

「確かに、良い香りがする…」

俺とエリカが話をしている間にお茶の用意ができたようで、部屋にハーブの良い香りが漂う。

「今日のお茶は自家製ハーブのハーブティーです…。今そちらにお持ちしますね…」

彼女はそう言って、こっちのテーブルにティーセットを運んでくる。

「………どうぞ」

運んできたティーセットをテーブルの上に置き、カップにお茶をそそぐ。
そしてそのカップを俺とエリカの前に置いていく。

「ありがとうごさいます。いただきますね…」

「私もいただくわね…」

俺とエリカはそろってハーブティーに口を付ける。

「すごくのみやすい…それにおいしい」

「相変わらずお茶をいれるのが上手いのね。とってもおいしいわ」

「ふふふっ喜んでいただけたようで何よりですわ」

彼女は微笑んで、自らもハーブティーに口をつける。

「うん、おいしくできました。………では、お話をはじめましょうか?…はじめましょうか?なんていうのはおかしいかもしれませんが…」

「そうですね…ではまず、あなたの名前を教えていただけますか?」

「あら?これは失礼いたしました。わたくしの名前はマリア。マリア・ベル・オードリーと申します。この街のギルドのギルドマスターをつとめさせていただいておりますわ。以後よろしくお願いいたしますわね?」

「ギルドマスターですかっ!?こちらこそ、その、よろしく…お願いします」

彼女の名乗りに俺は、半ば予想していたとはいえ驚愕を抑えられずに言葉をかえした。

「命の重さと可能性の重み」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く