命の重さと可能性の重み

inten

第二十七話

「では、こちらがあなたのランクカードになります…」

「あ、どうもです…」

受付の少女からカードを渡される。

「ゲンナイ様、登録内容の確認をおこないたいのですか、よろしいでしょうか?」

「あぁ、問題無い」

「では…まずはお名前から…「ゲンナイ・カノ」様でよろしいでしょうか?」

「大丈夫だ」

「では次に…初期ランクですが、Sランクでよろしいでしょうか?」

「カードに書いてあるのだよな?なら、あってる」

「では次に年齢ですが、15でよろしいでしょうか?」

「大丈夫だ」

「では最後になりますが、お持ちの可能性についての確認になります…」

「わかった」

「お持ちの可能性は、全部で4つでよろしいでしょうか?」
「大丈夫だ」

「内容ですが
「異世界人との会話」
「エリカとの絆」
「世界についての知識①」
「魔法の担い手」
以上の4つでよろしいでしょうか?」

「大丈夫だ…って大丈夫じゃないっ!早速異世界人ってバレてる!?」

「それについては後ほどこの街のギルドマスターよりお伺いいたしますので、まずは確認のほうをお願いいたします。なお、初期ランクが前代未聞のSという事実についても、後ほどいくつか聞かせていただくことになります」

「わ、わかりました」

「では、あらためて確認を…ゲンナイ様のお持ちの可能性は
「異世界人との会話」
「エリカとの絆」
「世界についての知識①」
「魔法の担い手」
以上の4つでよろしいでしょうか?」

「はい、あっています」

「では、これにて手続きは終了になります…。なにか質問などはございますか?」

「特にないです」

「では、初期ランクを確定させるための依頼を選んで下さい」

「え?何ですかそれ…?」

「初期ランクはあくまでも目安なので、実際の実力を知るために初期ランクで示されたランクと同じランクの依頼を、一件受けていただくことになっているのです…」

「そうなんですか…。じゃあ俺の場合は、Sランクの依頼を一件クリアしなければいけないということですか?」

「そうなります…。なお、同ランクの依頼が達成できなかった場合、一つ下の依頼を受けていただくかたちとなっております…」

「なるほど…わかりました」

「では、現在受けられるSランクの依頼は以下の5つとなっております…」


①スーピットの捕獲
依頼内容
スーピットを一匹以上捕まえてきてくれ。
報酬は一匹につき金貨1枚。
期限は一週間で頼む。


②隣街までの護衛を頼みたい
依頼内容
隣街まで商品を仕入れに行くので、その護衛を頼みたい。
報酬は金貨5枚で頼む。
なお、道中で倒した魔物や魔獣の戦利品については、基本的にその場で買い取ります。


③隣街まで手紙を届けてくれないか?
依頼内容
隣街まで手紙を届けてほしい。
報酬は金貨3枚。
開封厳禁でよろしく頼む。


④チーム募集
依頼内容
Sランクの魔獣討伐に行くんだが、メンバーを揃えたい。
報酬は魔獣討伐の成果の山分けで頼む。


⑤薬の材料を集めてきてくれないか?
依頼内容
Sランク指定の森に行き、薬の材料となるキノコをとってきて下さい。
報酬は金貨3枚でお願いします。


「この5つから1つ選んで下さい…どれになさいますか?」

「①でお願いします」

俺は迷わず①を選んだ。

「命の重さと可能性の重み」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く