命の重さと可能性の重み

inten

第二十五話

街についた俺とエリカは、さっそくギルドに向かう。
俺は場所を知らないので、エリカの後をついていく。

「ギルドまでは、あとどれくらいなんだ?」

「10分はかからないわよ。せいぜい5、6分といったところね」

「そうなのか。なら、もう少しか…。それにしても、あまり賑わってないな…」

「なに言ってるのよ、これだけ賑わっている大きな街なんて、なかなかないわよ?」

「そうなのか?」

俺はいまいち納得できない。
何故なら、道の両脇に露店が出ており人がそれなりに歩いてはいるのだが、どうしても現代日本…東京と比べてしまうと、寂れている風に見えてしまう。

「街をつくって住むのは、基本的に人族ひとぞくよ。そこに流れてきた「他の種族」や、ギルドに登録している「冒険者」が一緒に住み始める。さらにそれを狙って商人が集まる…。そうして街は大きくなるの」

「そうなのか…。この街はそれなりに大きいんだな…。俺がいた地球だと、人はたくさんいたからさ…」

俺は、東京の都心を思い浮かべる。

「どれくらいいたの?」

「少なくとも、この街と同じくらいの大きさの街は無いよ。せいぜいが~地区ってよばれるくらいだ。俺の住んでいた国だと、これくらいの街がいくつも集まって市とか区になって、その市とか区がさらに集まって都や県になる。そしてその都や県が集まって、国になるんだ…。この世界にも、国はあるよね?」

「あると言えばあるし、無いと言えば無いわ…。国というのは、種族の集まりを指すの。エルフ国だとかドワーフ国だとかってね」

「そうなのか…。俺の世界でも、人種が違えば国が違ったりしたけど、同じ人間だったからなぁ…」

「そうなんだ。こっちとは違うのね…」

「そうだね。魔物ってのを動物に、人種の違いを種族の違いに置き換えれば、同じ様だといえるかもだけどね…」

俺は少し考える。

「まぁでも、今はこっちで過ごすしかないんだから、こっちの常識に慣れないとね…」

「一応ギルドに登録して冒険者扱いになれば、国とか考えずにすむわよ。ギルドはまだ、国には無いもの…。人族ひとぞくが始めた事だから、各街にしか無いし、人族ひとぞくは国をつくらないから、普段使う街の事だけ考えていればいいもの…」

「そうか…」

「そうよ…。さて、そんなこんなでギルドに到着よ。あの握手している看板がギルドのマークなの。さっそく入って登録しちゃいましょう!」

「わかった」

俺はギルドの扉を開き、中にエリカと共に入る。

「いらっしゃいませ。ギルドにようこそ…」

入ると同時、入り口横に控えていたのであろう女性に、声をかけられる。

「お久しぶりですね、エリカ様…。そちらの方は…初めてでございますね。登録でしたら、あちらの1番窓口が受付になっております。どうぞお進み下さい…」

そういってお辞儀し、1番窓口を示す。

「これはご丁寧に、ありがとうございます」

俺も彼女に頭を下げ、1番窓口へと向かった。

「命の重さと可能性の重み」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く