命の重さと可能性の重み

inten

第二十二話

「……………」

「すみませんでした…」

俺は現在、エリカに土下座しているところである。

「けっしてやましい気持ちがあったわけではございません。神に誓ってあれは事故です」

「……………」

「わたくしとしましては、なにぶん寛大なる措置をいただきたく存じ上げます」

「……………」

「エリカさん…?怒っているのはわかっているのですが、反応をいただけないかなぁと思うのですが…」

「……………」

「エリカさん?」

「……………」

「エリカさま?」

「……………はぁ」

「本当にすみませんでした…。悪気はなかったんです…」

「もういいわ。どっちかっていうと、土下座までされた事に驚いていた方が強いから…」

「では…?」

「えぇ。私としても、あれは事故だと思うし…」

「ゆるしていただけるのですか?」

「もちろんよ…とは言いにくいけどね…」

「すみません…」

「実際問題、見たんでしょ?」

「まぁ…見えてしまいました…」

「その…どうだった?」

「どうだったとおっしゃいますと?」

「気持ち悪くなかった?」

「そんなばかな!!」

「だって…私ってほら、身長無いでしょ?なのに胸が大きいから、里ではよくからかわれたのよ…」

「気持ち悪いわけがありません!むしろ女神のようでしたっ!!」

俺はキャラが崩れるほどの勢いでまくしたてる。

「身長が無い?そんなのはっきり言ってどうでもいいのです。大事なのは、バランスです!!」

「バランス?」

「そうです。体のラインのバランスこそが、最も重視すべき要素なのです!!エリカは確かに身長が無いですが、バランスが凄まじく良いのです!!」

俺はエリカに詰め寄る。

「むしろ、ナイス低身長です!これぞ萌えだと断言できます!!」

「そ、そうなの…」

「その通りです。何も気に病む事はありません!!エリカはそのままで充分美しいのですから!!」

「あ、ありがとう…」

「いえ、当然の事を言ったまでです。むしろ、大変ありがとうございましたっ!!」

「ど、どういたしまして…でいいのかしら??」

「はいっ!!ありがとうございましたっ」

すべてを言い切った俺は、満足した笑顔を浮かべた。

「命の重さと可能性の重み」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く