命の重さと可能性の重み

inten

第二十一話

「さて、夕飯も食べ終わったし…そろそろ寝る用意をしないとね」

「そうだな、もう暗いし…」

いつの間にか外は暗くなり、空には星と月が出ていた。

「俺はどこで寝ればいい?」

俺はエリカに問いかける。

「そうねぇ…私の家には布団がないから、ソファでいいかしら?」

「かまわない。何かかけるものを貰えるか?」

「もちろん。ソファは私の隣の部屋、書斎に置いてあるからそこを使ってくれる?」

「わかった」

俺は、エリカからかけられる布を受け取り書斎へ向かう。

「それじゃあ、おやすみ」

「えぇ、おやすみなさい」

俺は、書斎へと入りソファに寝転がった。
本音を言えば異世界初の夜なので、隣に誰かにいてほしいという気持ちがあったが、さすがに一緒のベットで寝るわけにはいかないだろう。
そんな事を考えていた俺の意識は、いつの間にやら落ちていた。




◇◇◇◇◇◇◇◇◇




「うーん…朝…か?」

俺は、部屋が明るくなった事で目を覚ました。

「さて、どうするか…」

俺は、時間がわからないために何をするべきか迷う。

「とりあえず、エリカにあいさつするか…」

そうと決まればさっそく、かけていた布をたたんでから書斎を出る。

「エリカは起きているかな?」

俺はすぐ隣のエリカの部屋のドアに手をかける。

「エリカ、おはよう。入るぞ「だめぇーーーーー!!」っと…あっ」

そこには「女神」が「着替えている」姿があった。
いや、正確には「着替え」をしているために、「上半身が裸」のまま、服に手をかける「エリカ」の姿があった。

「いやぁーーーーーーーー!!」

「すみませんでしたーーーーー!!」

俺は全力で扉を閉めて、部屋から逃げ出した。

「命の重さと可能性の重み」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く