命の重さと可能性の重み

inten

第二十話

「運ぶのを手伝ってくれる?」

準備ができたらしく、エリカから声がかかる。

「もちろん。この容器をテーブルに並べればいいのかな?」

「そうよ。鍋ごと持って行って、テーブルで取り分けるの」

「わかった」

俺は、エリカが鍋を置けるようにテーブルの中央をあけて、両端に食器を並べる。

「今日はスーピットっていう魔物のスープよ…。おいしいんだから」

「それは楽しみだな。はやくよそってくれよ」

「そんなに急かさないでよ、今持って行くわ」

そういってエリカが鍋を持ってくる。

「パンを出してくれるかしら?あっちの棚に置いてあるから」

「わかった」

俺は、エリカが目で指し示した棚から丸パンを2つ取り出す。

「これでいいんだよな?」

「えぇ、それであっているわ…。こっちの準備もできたから、座って食べましょう」

「了解」

俺はエリカに丸パンを1つ手渡し、自分も席に座る。

「今日の糧を与え「いただきます。」って!!神への祈りを捧げないの!?」

「こっちではそうなのか…、俺の世界っていうか国では、「いただきます」って言うだけなんだよ」

「そうなの?私達は神様にお祈りするのよ…「今日の糧を与えてくれし事に感謝を。」っていってね」

「そうなのか…」

「そっちの「いただきます」ってどういう意味なの?」

「これか?これは「食事を作った人や、材料を作った人、それに食材となった命に感謝を込めて」って感じだな」

「なるほど。私達のお祈りと同じ様な意味なのね」

「そうだな…。うーん、これからはそっちに合わせた方がいいのだろうか?」

「そうねぇ…人族は多種多様な文化を持ってるから、自分の故郷の風習だと言えば、大丈夫だと思うわ…」

「そうか…。ならあらためまして、いただきます」

「私も。今日の糧を与えてくれし事に感謝を」

俺は、エリカが祈りの言葉を言うのを待ってから、スープに口を付ける。

「うまいっ!」

俺は、一口食べた瞬間に叫んでしまう。

「味が濃厚なのにしつこくない…。これは何で出汁をとったんだ?」

「このスープに入れてあるのは、スーピットだけよ…。スーピットのスープには、それ以外の物を入れないのが一番なのよ」

「そうなのか…。こんなうまいスープが、一つの食材だけでできているなんて…さすが異世界だぜ」

「そんなにおいしい?」

「あぁ!今まで食べた中で一番だぜ!」

「そう、ならよかったわ」

「ありがとな。こんなうまい物を食わせてくれて」

「どういたしまして。まぁ、今日はたまたまだけどね…。スーピットは捕まえるのが大変だから」

「そうなのか?なら、ラッキーだったぜ…」

「そうね。運が良かった「おかわりっ!」ってもう食べ終わったの!?はやすぎでしょ」

「そうか?これでも味わって食べたのだが…」

「まぁ良いわ。よそうから、器を貸して」

「あぁ…ありがとう」

「どういたしまして…。パンはどう?そのままでもいいけど、スープにつけて食べるともっといいわよ」

「そうか、ならつけて食べてみるぜ。………うまいっ!」

「よかった」

「エリカもどんどん食べろよ。俺が全部食っちまうぜ?」

「そうね…。って私が作ったんだから、立場が逆でしょっ!」

「はははっ。そうだな」

「まったく…」

俺は、エリカと会話しながら食事を楽しんだ。

「命の重さと可能性の重み」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く