命の重さと可能性の重み

inten

第十九話

「これは…」

「どうしたの?」

「何も書かれていない…」

そう。

開いてみた「エリカとの絆」のページには、何も書かれていなかった。

「これは…どういうことだ?」

「わからないわ…。このような可能性は初めて聞くし、初めて見たもの…」

「そうなのか?」

「えぇ…。固有名が書かれた可能性というのは、聞いたことがあるのだけど…」

「こういうのは聞いたことがないと?」

「えぇ…。固有名が書かれた可能性というのは、強い魔獣を倒した事で得られる「~の討伐者」や「~を乗り越えし者」などが一般的だもの…」

「そうなのか…」

「えぇ…。私の名前が書かれているので、私に関係する事だと思うけれど…」

「そうだな…。絆というのだから、仲良くすればいいのだろうか?」

「そうね…」

「なら、これが書いてあった贖罪に関係する可能性というやつなのだろう…」

俺は、この世界で生きる理由を再び胸に刻む。
これがきっと、実現しなければならない可能性なのだと思う。

「ならやはり、エリカに恩を返すために一緒に行動するのが正解なのだろう」

「それが一番ありえそうね…」

「ならエリカ、俺にしてほしい事はないか?」

「特に無いわね…ってそうだ!夕飯を作っている最中だったのよ」

「そうだったのか…。どうりでいい匂いがすると思った」

「今温め直すから、少し待っていてくれる?」

「わかった」

俺は素直にエリカが準備を終わらせるのを、座って待つことにした。

「命の重さと可能性の重み」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く