命の重さと可能性の重み

inten

第十八話

「さて、それじゃあ残りの「世界についての知識①」と「エリカわたしとの絆」の2つについても見てみましょう」

「そうだな…」

俺は頷き、まずは「世界についての知識①」のページを開いてみる。




世界についての知識①
世界というものについての知識基礎編。
全世界記録集データベースにアクセスできる下位権限を扱える。

全世界記録集データベース
神がつくった世界のすべてが記録されている本。
アクセスする事で必要な知識を取り出して読み込める。
一度読み込んだ知識は忘れることがない。
アクセスと唱える事で使える。




「これは…便利だな」

俺はおもわず呟く。

「そうね…」

エリカも頷く。

「とりあえず、使ってみたらどう?」

「そうだな…。だが、何について調べよう?」

「気になる事とかないの?例えば魔法についてとか…」

「そうだな、魔法について調べてみるか、………アクセス」

俺が唱えると、目の前に本が現れた。

(夏野限無と認識。下位権限でのアクセスを許可します)

「これは?これがデータベースなのか?」

(その通りです、夏野限無様。キーワードを指定して下さい。キーワードによる音声検索が可能です)

「そうか、なら「魔法について」で頼む」

(承りました。キーワード「魔法」で検索します。…検索結果が出ました。魔法についての知識をインプットしますか?)

「よろしく頼む」

(承りました。魔法についての知識をインプットします。………完了しました。別のキーワードを指定しますか?)

「いや、大丈夫だ。ありがとう」

(では、またのご利用をお待ちしております。クローズと唱えて下さい)

「わかった。…クローズ」

俺がそう唱えると、本が消える。
そして、俺の頭の中に「魔法」についての知識が書き込まれたという実感がある。

「今のがデータベースなの?本みたいだったけど…?」

「そうらしいな…。事実、俺は「魔法」についての知識が書き込まれている」

「わかるの?」

「あぁ…。必要な時に必要なだけ取り出せるらしい…。実際さっきまでの俺が知らなかった、魔法の種類などの基本的な知識が手に入っているしな」

「例えばどんなの?」

「そうだな…「魔法の系統」についてとかだな」

そう。
俺の頭の中には、さっきまでなかった魔法についての知識がある。
例えば「魔法の系統」について。
魔法には系統が3つあり、それぞれ「回復系統」「付加系統」「属性系統」となっている。
「回復系統」は、その名の通りに「回復」という「現象」を起こす魔法系統。
「付加系統」は「何か」に「現象」を「付加」させる魔法系統。
「属性系統」は様々な「属性(火や水、風や雷、時や空など)」を「扱う」魔法系統である。
という知識が認識できている。

「俺が極めたのは「回復系統」だから、治癒術士として世界をまわるのもいいかもしれない…。」

「そうね…。凄腕の治癒術士になれると思うわ」

「まぁだが、とりあえずはエリカに恩を返すのが先だな」

「そう…。それは助かるわね」

「そうか…、なら良かった」

俺はエリカに微笑む。

「じゃあ、次は「エリカわたしとの絆」を見てみましょうよ」

「そうだな…」

俺は、「エリカとの絆」のページを開いてみた。

「命の重さと可能性の重み」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く