命の重さと可能性の重み

inten

第十七話

「さて、話を先に進めましょうか…」

「そうだな」

俺は頷き、彼女エリカに先を促す。

「結局のところ、あなたがこの世界で「どう生きていくのか」が問題なのよね…。平穏に生きるには、今のあなたの力は強すぎるもの…」

「そうだな…。暫くの間は助けてくれた君の力になりながら、この世界を見て、聞いて、経験して…。そうしてから決めたいかな」

「そう…。なら手伝ってもらう事にするわ。あらためてよろしね、ゲン」

そういって彼女が手を差し出す。

「こちらこそよろしくたのむよ、エリカ」

俺はその手を握り返した。

「命の重さと可能性の重み」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く