命の重さと可能性の重み

inten

番外編① 彼女と少年の話

キーンコーンカーンコーン

「先生さようなら~」

「はい、さようなら」

僕は夏野限無かのげんない
現在小学校五年生。
もう少しで六年生に上がる11歳です。
僕は人には言えない秘密を持っているんだけど、その秘密のおかげで最近、ある日課ができたんだ。
それは………




◇◇◇◇◇◇◇◇◇





「こんにちは~」

「いらっしゃい、ゲン。今日も楽しかった?」

「いつも通り普通だよ。良くも悪くもね」

「そう…」

「そうそう」

「ならいつも通り、学校の話を聞かせてくれる?」

「もちろん。ユリに話すのは楽しいからね」

「ありがとう…」

「どういたしまして…。じゃあ、まずは今日受けた授業から…」




◇◇◇◇◇◇◇◇◇




僕の日課っていうのは、目の前にいる少女、明星由里あかぼしゆりの病室に行き、その日の学校での話をすることなんだ。

「今日は勝てたんだ。良かったね」

「うん!僕のホームランで逆転サヨナラしたからね!気持ちよかったよ~」

「そう…。相手は悔しかったでしょうね」

「そうだね。アイツ、悔しがってたよ」

「アイツっていうと、いつもの子?」

「そうそう。ユウタロウの事だよ。ユリにもアイツの顔を見せてやりたかったよ!」

「悔しがってる姿を見せたいなんて、意地悪ね」

「だって泣きべそかきながら、「次は負けないんだからな!」って叫んで、走り去っていったんだよ!体育の授業だから、その後教室に戻ってきた時にみんなに笑われてたよ」

「ゲンは笑ってないでしょうね?」

「大丈夫だよ。僕とアイツはライバルだからね!悔しがっているアイツを、笑いはしないよ」

「そう…。なら良いんだけどね」

「ユリは心配性だなぁ」

「だって、悔しがっている顔を見せたいなんて言うから…」

「だって笑いはしなくても、おもしろい顔だったのは事実だもん!ユリも見たら、絶対笑えたと思うよ」

「だから、笑っちゃ駄目なんだってば…」

「ぶーぶー」

「そんな顔をしても駄目よ」

「ぶーぶーぶー」

「まったく…。まぁ笑わなかったのなら、えらかったわね…。良くできました」

「えへへ、ありがとっ」

僕はユリにほめてもらうのが大好きだ。
母上にほめてもらうのと同じくらいに、ユリにほめてもらうと嬉しくなる。

「それじゃあお話はこれくらいにして、そろそろ治療の方をお願いしようかしら?」

「うん、わかった!」

僕はユリをの手を握って、日課である僕の力を使った治療を開始した。

「命の重さと可能性の重み」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く