命の重さと可能性の重み

inten

第十五話

俺が今現在持っている可能性は
「異世界人との会話」
「エリカとの絆」
「世界についての知識①」
「魔法の担い手」
の全部で4つである。
そのため、目次の1ページ目に上記4つが書かれており、目次の3ページ目の隣から、各可能性の説明が1ページに1つずつ書かれている。
俺は早速、「異世界人との会話」の説明を読んでみる。




異世界人との会話
言葉と文字を自動翻訳する。

言葉について
聞いた相手の一番わかりやすい言語として、相手の耳に届く。
別々の言語を扱う者がその場に同時にいる場合、自動的に共通言語に翻訳される。言葉をしゃべれない、もしくは聞こえない相手がいる場合、自動的にテレパシーモードに変わる。

文字について
この世界マリースのすべての文字を自動翻訳する。
一度読んだ文章は忘れなくなる。
文字を自動で書く魔法「オートスペル」が使えるようになる。




これを見た俺は、早速「オートスペル」を使ってみたくなり、彼女に使い方を聞いてみる。

「この「オートスペル」ってのは、どうやって使うんだ??ペンとか必要だったりする?」

「いいえ、書きたい場所…空中でもいいから、指をあてながら書きたい言葉を念じるだけよ」

「そうなのか。なら早速」

俺はそういって、空中に指を這わす。

「書きたいことを念じるんだよな…。うーん………決めた。名前を書いてみよう」

そういって自分の名前を念じる…。
すると自動的に指が動き、空中に文字が描かれる。

「ゲンナイ・カノって読めるって事は、成功か。エリカも読めるよな?」

「えぇ、たしかに読めるわ」

「なら大成功だな………。この世界で初めての魔法だ。なんか感動したぜ…」

「なら良かったわ…。
って良くないわよ!魔法の担い手があるって事は、魔法を1つ極めたって事なのよ!」

「そうなのか?」

「そうよ!私だってまだ手に入れてない可能性なのに…。何を極めたのよ!?みせてみなさい」

そういって彼女は、俺から可能性目録を奪って開いた。

「命の重さと可能性の重み」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く