命の重さと可能性の重み

inten

第十話

それから俺は、自分の事を世界に宣言した。
両親の死と共にメディアを使って報道してもらったのだ。
当然反応はひどいものだった。俺はひとつどころにとどまれず、親戚をたらいまわしにされた。
行く先々で嘘つき呼ばわりされたが、各地にある病院で治療を続けた…。
そんな生活を一年近く続けた頃、冬に俺は一人の少女と出逢った。
少女は末期のガンであり、死ぬのをただ待っているだけだった少女に俺は、彼女を思い出しかさねていた。
絶対に助けると決めて、少女を治療させてもらえるように、少女の両親と交渉をした。
少女にも何回も面会に行き、自分に治させて欲しいとお願いをした。
そんな行為を続けてひと月くらいたったある日、少女の病が牙をむいた。

「命の重さと可能性の重み」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く